スキンケアはなんでもいい?大切なのは選び方より使い方

スキンケアは何でもいい?大切なのは選び方より使い方

年齢とともに衰えてくるお肌。

いろいろ悩みが出てくると、それを解決しようと、「スキンケアを変えなくちゃ!」「良いものを使わなくちゃ!!」と思いませんか?

 

もちろん年齢に合ったスキンケア用品を使うのは大切ですが、スキンケアは「何を使うか」よりも「どう使うか」の方が重要です。

 

高いものや、口コミの良いものさえ使えばいい、というわけではなく、使い方を間違っていれば何を使っても一緒です。

 

正しい使い方をしなければ、せっかく高いスキンケア用品を買っても意味がありませんので、いろいろ試す前にまずは正しい使い方をマスターしましょう。

 

こんな人におすすめ

  • スキンケア選びに悩んでいる
  • 何を使っていいかわからない
  • 高いものを使ってるのに効果がない

正しい使い方をすれば、お肌も変わります。

 

まずは今使っているスキンケア用品の効果を最大限に引き出して、お肌の変化を感じてみませんか?

 

 

スポンサーリンク

正しいスキンケア方法「クレンジングの使い方」

 

正しいクレンジング方法

 

では、まず正しいクレンジング方法です。

 

クレンジングで1番重要なのはお肌に負担をかけないこと。

いかにお肌にやさしく、汚れだけを落とせるかがポイントです。

 

そのために気をつけるのはこの2つ。

 

  1. たっぷり使う
  2. お肌をこすらない

 

オイルタイプのクレンジングでもクリームやバームタイプのクレンジングでも同じです。

 

説明書に書かれている通り、きちんと規定の量を使いましょう。

 

実は、規定の量より、かなり少なくてもメイクは落ちるんですよね。

 

 

もったいなくて、つい少なめに使っちゃう・・・苦笑

 

 

ただし、メイクは落ちますが、クレンジングの量が少ないとお肌と指の間のクッションが減り、その結果お肌をこすることになり、摩擦によってお肌を痛めてしまいます。

 

摩擦がなぜダメか?

 

摩擦などでお肌に刺激を与えると、お肌が「守らなきゃ!」とメラニン色素を出すため、黒ずみができたり、シミができたりするんですね。

 

また、こすることで肌バリアが壊れると、水分が保てなくなってハリがなくなり、シワになります。

 

さらにハリが無くなるとお肌がたるみ、毛穴も目立つ。

 

つまり、老け肌になってしまうんです。

 

なので、きちんと規定の量を使って、お肌の間にクッションをはさむような感じで、摩擦をできるだけ与えないようにやさしくクルクル

 

そして、メイクが浮いてきたらいきなり流すのではなく、少しの水でクレンジングとなじませてから(オイルタイプなら乳化になる)洗い流してくださいね。

 

W洗顔不要のクレンジングなら、これで洗顔はおしまいですが、そうでない場合は、続いて泡洗顔をしましょう。

 

 

 

 

正しい洗顔方法

 

スキンケアは何でもいい?大切なのは選び方より使い方

 

洗顔で大切なのもお肌に刺激を与えずに、汚れを落とすこと。

 

そのために気をつけることはこの2つです。

 

  1. きめ細かい泡を作る
  2. お肌をこすらない

 

細かい部分の汚れも落とせるよう、ふわふわの泡をしっかり泡立てましょう。

 

そして泡を転がすようなイメージで洗います。

手が顔に触れないように、泡だけでクルクルやさしく洗うのがポイントです。

 

 

泡立たないタイプの洗顔料は、クレンジングと同じように使ってくださいね。

 

 

さらに、タオルで拭くときも、ゴシゴシではなくそっと押さえるようにして水気を取るようにすると完璧です。

 

 

 

 

正しいスキンケア方法

 

スキンケアはなんでもいい?大切なのは選び方より使い方

 

顔をきれいに洗えたところで、スキンケアです。

 

こちらも重要なのは、やさしさ、そして順番です。

 

  1. たっぷり使う
  2. ハンドプレスでなじませる
  3. 使う順番を守る

 

 

正しいスキンケア方法

 

まずこちらもクレンジングと同じく、それぞれのスキンケアに適切な規定量をしっかり使いましょう。

 

特に、化粧水に関していえば質より量です。

お肌に水分を与えるのが目的なので、たっぷり使うのが美肌のポイント。

 

 

 

 

ただし、1回に肌になじむ量は決まっていますので、大量に使っても意味はありません。

 

お肌に悪いわけではないけれど、ただ単に蒸発するだけなのでもったいないんです。

 

なので、1度に多くつけるよりも2回、3回と分けて重ねづけする方が効果的

 

例えば、使用量が500円玉大とあれば、100円玉大を3回に分けてなじませた方がいいです。

 

ここでも気をつけるポイントがあって、次々となじませるのではなく、最初のがなじんでから次を重ねづけしてください

 

ハンドプレスをしていて、びちゃびちゃした感じがなくなり、モチモチしてくればOK。

 

最終的には手の平にお肌が吸い付いてくるようになれば、化粧水は終了です。

 

 

最初はなかなか吸い付いてこないかも・・・。諦めず、もっちーん!となるまで、何度でも入れ込んでね!

 

 

また、化粧水をパンパン!と叩き込むようにつける方を見かけますが(温泉とかでたまにいらっしゃる)、あれも刺激なので絶対ダメ。

 

手で顔を覆うようにして、じわじわと入れ込んでくださいね。

 

また、美容液、クリームは重ねづけはしなくても大丈夫ですが、規定量を手の平に取り、軽く温めてから使うと効果が高まります。

 

これまたハンドプレスでじわーっとなじませましょう。

 

もう1つ大切なことは、お肌を乾燥させないということ。

 

油分の入ったケアをするまでは、お肌が乾ききる前に次のケアをしてくださいね。

 

 

スキンケアの順番

 

さて、スキンケアを使う順番ですが、基本的にはテクスチャーのサラッとしたものから使います

 

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. クリーム
  5. アイクリームなど

 

ただし、ブースターとして使う美容液もありますね。

 

「洗顔後すぐに使う」と書かれているものは、お肌に油分があるとなじみにくくなっていますので、洗顔後すぐに使うか、油分の入っていない化粧水の後に使うようにしてください。

 

また、美容オイルを使う順番は

 

  • スキンケアの浸透を高めたい場合は化粧水の前
  • 保湿効果を高めたい場合はお手入れの最後

 

のように、使い分けるのがおすすめです。

 

 

 

正しいパック方法

 

正しいシートパック方法(大切なのは選び方より使い方)

 

お肌に水分を与えるのに最適なシートパック。

 

忙しくてスキンケアに時間をかけていられない。

何度も化粧水をつけるなんて無理。

 

そんなときに役に立つのがシートパックです。

 

貼ればいいのですが、1回でもぷるぷるになれる効果的な使い方がこちら。

 

  • ラップで覆う
  • 15分以上は使わない

 

水分たっぷりとは言っても、薄いシートです。

そのままではすぐに乾いてしまいますので、パックをした上からラップなどで覆うと効果的。

 

 

ラップは難しいので、私は百均で売っているシリコンマスクを使っています。上からかぶせるだけだから、簡単だよ!

 

 

シリコンマスクをつけておくと、ずれたり、はがれて落ちたりもしませんので、そのまま子どもの面倒をみたり家事をしてOKです。

 

また15分以上使っていると、お肌の水分がパックに逆戻りしてしまうため、15分経ったらはがしてくださいね。

 

まだパックに水分が残っていてもったいなく感じたら、首やデコルテ、腕、足にペタペタとなじませるといいですよ。

 

 

 

 

正しいスキンケア方法のまとめ

 

クレンジングも洗顔もスキンケアも、とにかくお肌をこすらないのが最大のポイントです。

 

そのためにもこの3点を忘れずに。

 

  1. たっぷり使う
  2. 重ね付けをする
  3. ハンドプレスでなじませる

 

 

正しいクレンジング方法でメイクを落とし、たっぷりの泡を転がすように洗顔し、何度も化粧水をなじませ、手で温めつつ、美容成分を入れ込む。。。

 

そうすることでスキンケア効果がぐんとアップし、お肌は驚くほど変わります。

 

高いものを使っているのに、ちっとも効果がない。

 

そんなあなたは、まず使い方を変えてみませんか?

 

 

それでも肌悩みが増えてきたら、スキンケアの変え時です!

コメント

  1. たまたま地方テレビ局のニュース見てたら、男も最低の肌手入れが必要だとか。
    時代は変わってきてます。

    • うちまるさん
      こんにちは^^

      わが家の息子たちも、せっせとお手入れ中。
      しかも使い方にもしっかりこだわっています。笑

タイトルとURLをコピーしました