【爆弾スコッチエッグ】育ち盛りも大満足!経済的なボリュームおかずレシピ

食べ盛りの息子2人。

あまり食べない方かとも思うのですが、それでもやっぱり食費はどんどん上がります。。。

かといって、食べるものをケチるのはカラダ的にも精神的にもよくありませんよね。

そこで、経済的でありながらも、しっかり満足できるボリュームおかず『爆弾スコッチエッグ』のご紹介です。

爆弾スコッチエッグ

卵って栄養もあるし、安価だし。

丸ごと入ったゆで卵のおかげで、少ないお肉でも満足感はきちんとありますよ。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

爆弾スコッチエッグの作り方

基本の材料は「ハンバーグの材料+ゆでたまご」です。

1.卵は固ゆでにしてむいておきます。
2.ハンバーグ種を作ります。

*基本的にはいつものハンバーグと一緒ですが、卵は入れません。こねなくてもOK。

こねない練らない!超簡単ハンバーグレシピ
子どもたちが大きくなり、うれしいことにたくさん食べるようになりました。 ハンバーグも大好き。 お弁当用にも残るように作るため、1kgほどのミンチを使って大きなボウルで大量に作ります。 ...

3.ゆで卵のまわりに小麦粉を薄くまぶし、ハンバーグ種でくるみます。

爆弾スコッチエッグの作り方

4.小麦粉をお酒で溶いたもの→パン粉の順に衣付け。

卵無しフライ衣で手間なし簡単!【サクサクチキンカツ】レシピ
とんかつやチキンカツ、またフライなど、どうやって作っていますか? フライの衣は普通なら「粉→卵→パン粉」の順につけますよね。 ですが、わが家のフライ衣は卵を使いません。 手間...

手のひらサイズ。結構なボリュームでしょ。笑

揚げる前の爆弾スコッチエッグ

5.中温の油で、まんべんなく揚げればできあがり。

肉の部分はさほど分厚くないので、わりと早くに揚がるのもうれしい。

半分に切って盛り付けると、ほら、このボリュームです。

爆弾スコッチエッグ

卵にハンバーグのフライもの。
子どもたちが嫌いなわけありません!!

爆弾スコッチエッグ

お好みでソースをかけて、がっつりいっちゃってねー♪

爆発なし!スコッチエッグを上手に作るコツ

ゆで卵にハンバーグ種をかぶせて揚げるだけ。

簡単なレシピですが、爆発しないためにはちょっとしたコツを押さえましょう。

●ゆで卵に粉をまぶす
ゆで卵の水気をしっかりふき取り、小麦粉をまぶしておきます。
粉がノリ代わりになって、しっかりお肉がひっつきますよ。

●ハンバーグ種に卵を入れない
普通のハンバーグは卵を入れて作りますね?
でもスコッチエッグにするときは卵無しで作りましょう
卵を入れると柔らかくなって、はがれやすくなりますので。

●玉ねぎは細かく刻む
爆発は空気が入っていると起こります。
なので、カクカクしてる玉ねぎはちょっと危険。
いつものハンバーグよりは細かく刻んで、熱も多めに通してしんなりさせてくださいね。

●キャッチボールで空気を抜く
肉種を卵につけたら、手で何度か打ち付けるようにしてキャッチボール。
(本当に放り投げなくていいよ。近くでパパパン!と)
中に入っている空気が抜けます。

お弁当にはこちらがおすすめ

今回は普通の卵を使って「爆弾スコッチエッグ」にしましたが、うずらの卵を使うとかわいらしくできます。

お弁当にはこっちの方が向いてるかな。
(爆弾スコッチエッグを入れようとしたらムリだったから。笑)

お弁当にもおすすめな爆弾スコッチエッグ

スコッチエッグはハンバーグに比べれば、お肉(ミンチ)の量はかなり控えめ。

でもボリュームは満点の経済的なおかず。

献立の1つに加えてみてくださいね。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. Mck@au より:

    こんにちは^^

    美味しそう〜〜
    これ食べたらパワーがでそう!!

    ここの所、バタバタ+暑さにやられてて・・・。
    伺えなくてごめんね><

    と言いながら、また週末。
    お互い良い週末を過ごそうね〜♪

    来週から気合い入れなきゃだわ^^;

    • モンブラン より:

      Mck@auさん
      こんにちは^^

      こちらは寒さ本番。
      そちらは暑さ本番ですねぇ><
      バテないように気を付けてくださいね。

      週末ゆっくり過ごして、元気になってね♪

  2. これこれ!!!
    以前は母が良く作ってくれました。
    25年振り位に見てとても懐かしく
    思えます。

    • モンブラン より:

      うちまるさん
      こんにちは^^

      お母さまの思い出の味なんですね~♪
      息子たちもそうなってくれるとうれしいな^^