絶品!さつま芋の天ぷらをおいしく作るコツ

激甘!まるでスイーツのようなさつま芋の天ぷらのレシピ

さつま芋の天ぷらはどうやって作っていますか?

 

薄くスライスして揚げるのが一般的ですが、

わが家のいも天はちょっと違います。

 

なんと厚さは5センチ以上。

なのに、柔らかくて激甘!

まるでスイーツ!?ってくらい甘く仕上がる

絶品いも天です。

 

とても簡単ですが、抑えたいポイントは2つ。

では詳しくご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

激甘さつま芋の天ぷらの作り方

材料

  • さつま芋
  • てんぷら粉

作り方

  1. 低温で下茹でをする
  2. 衣をつける
  3. 低温で揚げる

 

さつま芋は皮をむき、

ごろっと大きめに切って

(ここでは丸ごとでも大丈夫)

水から茹でていきます。

 

激甘のさつま芋の天ぷらレシピ

 

この時、沸騰するまで温度を上げないこと。

少し気泡が出てきたら、

火を最低限まで弱めて

10~15分茹でます。

 

火を通すわけではないので、

熱めのお風呂に入れてるって

くらいの感覚でOK。

 

火を止めたら、

さらに15分ほどそのまま放置しておきます。

 

ねっとり甘い芋天の作り方のコツ

 

下茹でが終わったら

(ここで切ってもよい)

てんぷら粉を水で溶いたものに絡め、

低温の油で揚げます。

 

甘い芋天を作るコツは低温調理

 

わが家のIHコンロでは

揚げ物の最低温度が140度でした。

ガスの場合も弱火でね。

 

たまに転がしながら

15~20分揚げていきましょう。

 

低温でじっくりじっくり揚げるのがポイント。

 

さつま芋の天ぷらを甘く作るコツ

 

きつね色になり、

竹串やお箸がスッと通れば完成です。

 

甘くておいしいさつま芋の天ぷらの作り方

 

お塩をパラリとふって、

「いただきまーす!!」

 

外側はカリカリ。

中はめちゃめちゃ甘い!!!

さつま芋によってねっとりだったり

ほくほくだったり、

でもとにかくスイーツ並みに甘く仕上がります。

 

さつま芋を甘くするコツ

さつま芋のでん粉は火を通すことで

糖に変化し、甘くなっていきます。

 

糖に変化する酵素(βアミラーゼ)は

70度ほどで最も働くため、

この温度を長くキープするのが

甘く仕上げるコツ。

 

でも、70度では柔らかくはなりません。

 

おいしく食べられる柔らかさにするためには

140度~160度くらいの温度が必要

 

というわけで、

下茹でと低温揚げのダブル調理が最適なんです。

 

下茹でで甘みを最大限まで増やし

低温揚げで柔らかく仕上げる。

 

激甘!まるでスイーツのようなさつま芋の天ぷらのレシピ

 

これは安納芋で作ったのでねっとり系。

種類によってはほくほくに仕上がりますよ。

 

「お菓子みてーじゃな!」

「めっちゃうめーがーん!」

 

ね?

さつま芋ってより、

スイートポテトの天ぷらみたいだよねー!

 

「は?なんでわざわざ英語で言い換えた!?」

「さつま芋じゃないさつま芋の天ぷらってことじゃがーん!笑」

 

違うよ。

お菓子のスイートポテトみたいだね、

って言いたかったんだよ。分かってよ。

 

なんにせよ、子どもたちにも大好評。

時間をかけて作っても、

一瞬で食べきってしまわれますが。笑

 

まとめ

ごろっとした分厚いいも天を

甘くおいしく作るコツは下茹で低温

 

2つのポイントを抑えることで

激甘のいも天のできあがり。

時間はかかりますが

手間はさほどかかりませんので

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

▼スイートポテトはレンジで簡単に作ってます。

 

コメント

  1. 低温で下茹で!
    これは他にも応用できそう!
    鹿児島の名菓は下茹でしてるかも。

タイトルとURLをコピーしました