【栗原はるみ】ふわふわサクサクヨーグルトスコーン(レシピ)

栗原はるみさんのヨーグルトスコーンレシピ

ふわふわサクサクとしたスコーン。

カフェで食べるイメージがありますが、実はとても簡単に作れます。

 

おいしくて大好きな簡単おやつ。

材料も作り方も簡単なだけに

さまざまなレシピがありますが、

今回は栗原はるみさんの季刊誌『haru-mi』に載っていた

ヨーグルトスコーンを作ってみました。

 

ぱぱっと混ぜて焼くだけ。

ほんと、めちゃ簡単で、

30分くらいあればできてしまいますので、

おやつはもちろん、朝食にもおすすめです。

 

スポンサーリンク

ヨーグルトスコーンの作り方

本に載っていた栗原さんのヨーグルトスコーンは

卵入りのレシピでしたが、

私は卵なしの方が好きなので卵は省きました。

 

*卵を入れるとふんわり、入れないとサクッとした感じになります

 

【レシピ】

1.薄力粉(250g)+BP(大さじ1)+砂糖(大さじ1)をボウルに入れ、混ぜます。

2.冷たいバター(50g)を加えて、指先で粉にもみこむようにしてサラサラの状態にします。

3.牛乳(大さじ5~6)+ヨーグルト(50g)を加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。

4.粉をふった台に取り出し、手の平で3センチほどの厚さにのばして型抜きします。

5.クッキングシートを敷いた天板に並べ、180度に予熱したオーブンで15分ほど焼けばできあがり。

 

*牛乳の量は生地の状態で加減してください。粉っぽさがなくなり、ひとまとまりになるくらいが目安


*抜き型がなければ、包丁で切ってもOK


*栗原さんのレシピは牛乳大さじ3、卵1こ、あとは一緒

 

スコーンをオーブンに入れ、

使ったボウルなどをチャチャッと片付けている間に

はい、完成!!

 

栗原はるみスコーンの焼き上がり

 

きれいにふくれました。

サイドの立ち上がり「ぱっかり具合」が成功のしるし。

 

大成功のスコーンの立ち上がり

 

フォークなどでパカッと半分に割り、

熱々のうちにバターやはちみつ、ジャムなどをつけていただきましょう。

 

スコーンとジャムおいしい食べ方

 

表面サクサク!中はふんわり おいしーい!!

 

クッキーやケーキとは違い素朴な味わいですが、

何とも贅沢な気分になるのはなぜかしら??

 

あまったスコーンは乾燥しないようにして保存して。

 

冷めてしまったスコーンは、

ホイルに包んでトースターで温めると焼き立てのおいしさが復活しますので、

時間のある時にまとめて焼いておけばいつでも楽しめますよ。

 

栗原はるみさんのヨーグルトスコーンレシピ

 

ほんのひとときの贅沢なおうち時間でした。

 

▼参考にした栗原はるみさんの本

栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2014年 07月号 [雑誌]

コメント

タイトルとURLをコピーしました