【ケンタッキーフライドチキン(レシピ)】本格的なKFCを作るコツはコレ!

サクサク熱々ジューシーなケンタッキーフライドチキン。

クリスマスや年末年始が近くなるとよくCMで見かけるため・・・見てると食べたくなります。笑

なかなかお店のを買う機会はないので、手作りの『ケンタッキー風フライドチキン』を作りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

骨付き鳥を使った本格フライドチキン。

このフライドチキンがお店みたいに仕上がるポイントは「茹でる」です。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

ケンタッキー風フライドチキンの作り方

鶏の下準備をします
1.鶏骨付き肉(4本)は関節から2つに切り分けます。

2.大きめの袋に鶏肉を入れ、塩(小さじ1)+にんにくのすりおろし(1/2片)+しょうがのすりおろし(1片)を加えてもみこみ、冷蔵庫で1時間以上、できれば1晩置いておきます。

骨付きもも肉を使うと本格的ですが、手羽先や手羽元だともっと手軽にできます

3.鍋に湯をわかし、沸騰したら水洗いした鶏肉を入れ、あくを取ります。フタをして20分弱火でゆでます。

4.そのままお湯につけたまま冷まします。

衣を作ります
1.バットを2つ用意し、卵液と衣を作ります。

●卵液→卵(1こ)+サラダ油(大さじ2)+牛乳(大さじ4)
●衣→小麦粉(100g)+片栗粉(大さじ1)+粗引き黒コショウ(小さじ1)+塩(小さじ半分)+顆粒コンソメ(5~10g)

揚げます
1.鶏肉を取り出し、衣をたっぷりとつけます。

2.卵液にくぐらせ、さらに衣を薄めにつけます。

3.180℃の油で2~3分、こんがりと色づくまで揚げたらできあがり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

骨付き肉をしっかり揚げるのは大変だけど、これは下茹でしてあるので「火が通ってなかった・・・」という心配はありません

揚げ時間も短くて済むし。

下茹でした状態まで作っておけば、あっという間に揚げられますよ。

なんといっても茹でてあるので、しっとりジューシー!!

骨離れもよく、するん!と食べられます。

「すげぇ!お店みたいじゃが!」
「めっちゃやわらけぇ!!」
「この衣、うめぇな~!」

子供たちの反応も上々。

育ち盛りの息子たち2人。
ケンタッキーを「お腹いっぱい」はちょっと大変だけど(お財布的にね。。笑)、これならいくら食べても大丈夫。

添加物の面でも安心ですしね。

普段のおかずはもちろん、おうちパーティーやクリスマスメニューにもおすすめです。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
綺麗ママ大