アラフィフ夫婦が行く!気ままな車中泊の旅

アラフィフ夫婦車中泊の旅

夏の旅行記、第2段!

今回は、山陰の方へ出かけてきました。

 

夫と2人、アラフィフ夫婦で行く、気ままな車中泊の旅です。

 

 

特にきっちり予定を立てたわけでもなく、ふらふらーっとお出かけしてきたよ。

 

 

 

スポンサーリンク

第1日目:道の駅でお泊り

 

初日は、晩ご飯も食べ、シャワーも済ませてからの出発です。

 

アラフィフ夫婦車中泊の旅

 

夜は暑かったら困る!寝られない!

ってことで、標高の高い道の駅を選びました。

 

夏なのに、車を降りたとたん感じるひんやり感。

 

涼しいって素晴らしい!!笑

 

アラフィフ夫婦が行く車中泊の旅

 

久しぶりの車中泊もあり、ウキウキ興奮しちゃって、なかなか寝付けずでしたが(笑)、少し開けていた窓から冷たい風が入り、寒いくらいでした。

 

 

第2日目:島根へ

 

朝、まだ涼しいうちに起き、朝ごはんと身支度を済ませて、いざしゅっぱーつ!

 

実はこのドライブ旅行の最大の目的は、2日目のお昼ご飯なのですが、まだ時間に余裕があるということで、出雲大社に行きました。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記出雲大社

 

出雲大社に行くのは初めて。

しめ縄の大きさにまずびっくり。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記出雲大社

 

「え、でっかくない?」

「めっちゃ大きくない?」

 

 

帰って見てみたら、↑こんな写真が何枚もあった。すごい食いついてる私(笑)

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記出雲大社

 

境内をプラプラ散策。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記出雲大社

 

牛がいたり、

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記出雲大社

 

国歌のあの「さざれ石」があったり、

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記出雲大社

 

えっと、何だっけコレ?

なんかやっつけて、玉もらったやつ。←笑

 

思った以上に広くて、暑さもあり、ふらふらになりつつの散策でした。

 

さて、良い時間になったので、お昼ご飯に向かいます。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記日本海

 

日本海を見ながらのドライブ。

 

いいお天気で風もいい感じに吹いていて、とてもきれい。

 

ですが、うねうね道が海ギリギリにあってね。助手席からだとガードレールもちょうど隠れちゃって、すぐ下、海!!みたいな感じで、超怖かったです。

 

 

高所恐怖症なもので・・・

 

 

はい。旅の目的がこちら。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記うに丼

 

どーん!

うに丼

どどーん!!

 

海の端、ギリギリにあるような小さな食堂(花房っていうところ)で、おしゃれさはゼロ(笑)でしたが、うにの量が凄いし、なによりおいしいし、大満足でした。

 

 

うにたっぷり。めちゃめちゃ甘かったよ!

 

お腹いっぱい、幸せに浸りつつ、再び車を走らせ、今度は石見銀山に向かいます。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記石見銀山

 

世界遺産だから、どんだけ凄いのかと期待してたんだけど、平日はほぼお店はお休みで・・・しかも猛暑だし・・・上からも下からも熱波がくる中、ひたすら閉まっているおうちの前を歩く、というなんだかよく分からないことになりました。

 

 

銀山抗内に入ればちょっと違ったんだろうけど、とにかく暑くて断念した。

 

ふーふー言いながらも、銀のネックレスはちゃっかり買ってもらう私。笑

 

そうこうしているうちに夕方になりましたので、もう1つの目的、薬師湯へ。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記薬師湯

 

源泉かけ流しの温泉で、山陰で唯一ランク5がつけられているんだそう。

 

温泉♪温泉♪♪

ちょっと狭そうだけど、温泉気持ちいいだろうなー♪

 

と思いつつ、夫と「1時間後で!」と話していたら、受付の方に「え!?無理よ!!」とびっくりされちゃってね。

 

なんでだろう?

私、温泉得意よ?いつも結構長く入るわよ?

 

まぁ、でもそういうなら・・・じゃ、適当で!!

 

一度出たら入れないようなので、「目いっぱい入っちゃおう。(´∀`*)ウフフ」と思いながら、入って、あらびっくり。

 

熱いわっ!!!

 

長く入るとか、あったまる、のレベルじゃなく、本気で入れないくらいの熱さでした。

 

入ろうとして思わず固まる私。

 

小さいお風呂なので、人数制限がされていて、数名しかいなかったのですが、一瞬みんなで目がテン・・・「え?これ?いや、無理なやつだよね?」

 

足先だけつけて、目を見合わせて、かたまるおばちゃんたち。笑

 

いやいやいやいや、無理だわー。

入ってる人、肌真っ赤になってるやーん。

 

少しずつ、何度もかけ湯をして、心が折れそうになりつつ、そろそろ入り、「2~3分使ったら出る、を繰り返してくださいね」と言われていたのを、「2~30秒も入れへんわ!!」と突っこみつつ、頑張りました。

 

結局10分も入ってなかったんじゃないかな(苦笑)受付の人、正しかったね。

 

それでも体はポッカポカ。いや、メラメラ?

お風呂から出ても、吹き出る汗が止まりません。

 

待合で私を見た夫が「ブフッ」って噴き出したからね。「顔中の毛穴から汗が出てる。こんなに汗かいてるの、見たことない」とヒーヒー笑ってました。

 

人の顔見て笑うとは・・・失礼な・・・

 

暑い中、熱いお風呂に入り、お風呂に入った意味?ってくらい汗だくになりましたが、お湯はとても良かったようで(入ってるときはそんなの感じている余裕はない)、お肌はツルツルになっていましたよ。

 

でもやっぱり夏はダメね。

行くなら寒い時期をおすすめします。笑

 

車のエアコンで涼みつつ、海沿いをドライブ。宍道湖も見たよ。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記宍道湖

 

 

つい「シジミ湖」って言っちゃう。エヘッ

 

蒜山が涼しくていいかな、と、蒜山高原を目指し、山道通りつつドライブを楽しみました。

 

夜は再び車中泊。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記

 

 

スマホのライトに少量麦茶のペットボトル置いたら、とってもムーディー!

どう?雰囲気あるでしょ?笑

 

 

最終日:蒜山高原

 

高原というだけあり、朝晩はとても涼しい蒜山。

日が昇るまでは、車中泊も快適です。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記蒜山高原

 

いいお天気!

 

塩釜冷泉に行ったり、牧場でぽけーっとしたり。お昼は塩モツラーメンやモツ丼を楽しんで、またプラプラお店をのぞいたり。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記蒜山高原

 

特に何をするではなく、ゆったりとした時間を過ごしました。

 

 

良く言えば優雅なバカンス!!

最後はラベンダーソフトでおしまい。

 

アラフィフ夫婦の車中泊旅行記蒜山高原

 

お腹いっぱい。ゆったりまったりした気分で帰路につきました。

 

 

車中泊の旅まとめ

 

夫の「うにが食べたい。山盛りのうに丼が食べたい」から始まった車中泊の旅。

 

電車の時間も気にせず、チェックインやチェックアウトの時間にも縛られず、行きたいときに行きたいところにフラフラっと行けるのが、いいですよね。

 

「どうする?帰る?」

「もう1泊しよっか」

 

こんな感じで動けるのも車中泊のいいところ。

 

子どもたちと出かけていた時は、さすがに車で寝るのも狭かったのですが、2人だったら余裕です。

 

山陰や蒜山が思いがけず暑かったのが、少々誤算だったけれど(朝晩は涼しかったよ)、ゆったりとした楽しい旅でした。

 

たくさん運転ありがとう。

涼しくなったら、また行こうね!

 

 

リベンジ薬師湯!今度はいっぱい入ってやる!!笑

 

コメント

  1. あれだけ賑わってた一時の世界遺産ブームから元に戻ったようですね。
    うに丼美味しそう!

    • うちまるさん
      こんにちは^^

      土日だともう少しにぎわっていたのかもしれませんね。
      それにしても暑かったです。笑

      うに丼、めちゃめちゃおいしかったです!!

タイトルとURLをコピーしました