【かぼちゃのタルト(レシピ)】ハロウィンとかぼちゃの関係って?

ハロウィンの時期ですね。

毎年ハロウィンにだけ作る特別な『かぼちゃのタルト』のご紹介です。

なんだかんだと、ちょこちょこ手作りおやつは作りますが、このかぼちゃのタルトは年に1度、ハロウィンにだけ登場する特別なケーキです。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

かぼちゃのタルトのレシピ

【材料】
(直径18センチのタルト型1台分)

★パイ生地
薄力粉(70g)・バター(60g)・冷水(大さじ3)

★中だね
生クリーム(50cc)・牛乳(50cc)・さとう(40g)
卵黄(1こ)・全卵(1こ)・バター(20g)・かぼちゃ(正味200g)

★カスタードクリーム
かぼちゃ(正味200g)・卵(1こ)・さとう(50g)
牛乳(200cc)・薄力粉(20g)

★仕上げ用
卵黄(1こ)・水(小さじ1)

工程は少し多めですが、マジックブレット デラックスとレンジでできるのでそれほど難しくはありませんよ。

ぶぃーんぶぃーん!チン!!!でOK。笑

【作り方】
パイ生地を作ります
1.マジックブレットに粉とバターを入れ、ぶぃ~ん!
2.細かくなったら水も加えて、ひとまとまりになるくらいぶぃ~ん!
3.ラップに包み、1時間くらい冷蔵庫で休ませます。

中だねを作ります
1.ボウルに生クリーム、牛乳、さとうの順に入れて混ぜ、卵も加えてよく混ぜます。
2.溶かしバターを加えて混ぜ、しばらく休ませておきます。
3.かぼちゃは皮付きのまま2センチ角に切ります。

成型します
1.タルト型の底にオーブンシートを敷き、側面にバターを塗ります。
2.パイ生地を伸ばして型に敷きこみ、切ったかぼちゃを皮を外側にして並べます。

3.中だねをそっと注ぎます。

焼きます
1.200℃に予熱したオーブンで10分、170℃に下げて40分焼きます。

焼きあがっても型から出さず、このまま置いておきましょう。

かぼちゃのカスタードクリームを作ります
1.かぼちゃはチンして柔らかくしておきます。
2.材料をすべてマジックブレットに入れ、ぶぃ~ん!
3.耐熱ボウルに入れてレンジで1分ずつくらいチン!泡だて器てシャカシャカ混ぜて、再びチン!を繰り返し、火が通って持ったりとするまで煮上げます。
4.お好みで仕上げにバターを加え、ボウルに移してクリーム自体にラップをはりつけて冷まします
(クリームがぴっちりラップについていないと、固く膜が張ってしまいますので気をつけて下さいね)

仕上げます
1.焼きあがったタルトの上に、カスタードクリームをこんもりと乗せます。

2.卵黄と水を溶いたものを塗って、230℃のオーブン(上段)で焼き色がつくまで焼けばできあがり!

中身は火が通っていますので、表面に焦げ目がつけばOKです。

材料も手順も少し多いこのタルト。

主人の大好物なのですが、ちょっと手間がかかるため、年に1度ハロウィンの時にしか作りません。

「いつも食べられるお菓子」もいいけど、なかなかお目にかからない、特別感のあるお菓子ってのもいいでしょ?

満足度大!の手作りケーキ

少し工程が多くて、時間がかかるかぼちゃのタルト。

作るときも「よっしゃ!!」って気合を入れるわけですが、その分できあがったときの満足感は大!

クリームが落ち着くまで冷やして、しばらく眺めて、切ってからも断面をしっかり眺めて・・・笑

マジックブレッドでぶぃ~ん!としただけのパイ生地も、ちゃんとサクサク。

カスタードもとろりと上品に仕上がっています。

「やった!!!」

自分で作ったにもかかわらず「おいしいわー!」「おいしいよねー!」を連発しちゃうくらいの満足感。

ホントにおいしいしね。ふふふ

なぜハロウィンにかぼちゃ?

ハロウィンもすっかり日本に定着し、この時期になると、あちこちでかぼちゃのお菓子や置物を見かけますが、なぜかぼちゃなのか分かりますか?

ハロウィンはもともと秋の収穫祭や悪魔祓いの儀式としてケルト人が行っていたもので、ケルト人はカブをくり抜いて悪魔よけとして使っていたんだそう。

それがアメリカに伝わった時に、カブよりも多く収穫され、アメリカ人にとってなじみの深いかぼちゃが使われるようになったんだとか。

「ジャック・オ・ランタン」も今ではかぼちゃが一般的ですね。

ジャック・オ・ランタンは日本語に直すと「ランタン(吊り下げ式のランプ)を持ってる男」という意味。

お酒好きで乱暴者のジャックという男の人がいて、天国にも行けず(悪いことをしたから)、地獄にも行けず(悪魔をだまして、魂を取られない約束をしちゃったから)、近くにあったカブをくり抜いて作ったランタンに地獄の火をともして、あの世とこの世をさまよい歩く。。。ってな感じのお話なんだそうで。

このジャックのランタンがいつしか「魔よけの火」として伝わるようになったため、今ではかぼちゃをくりぬいたジャック・オ・ランタンが飾られています。

そもそもアメリカではこのかぼちゃは食用ではないらしく、食べないんだそうですよ。

でもかぼちゃっておいしいからね。

栄養豊富で、風邪予防や美肌効果も高いからね。。。私は食べる!笑

年に1度の特別お菓子。

今年もがんばって作ろうと思います。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. 例年にも増してかぼちゃが売れる時期に。
    数年前はこんな事なかったのに。。

    • モンブラン より:

      うちまるさん
      こんにちは^^

      ハロウィンもここ数年ですっかり定着しましたよね。
      かぼちゃが大好きなので、うれしいですが。ウフフ