【鶏の丸焼き(ローストチキン)】クリスマスにおすすめの簡単ごちそうレシピ

クリスマスに欠かせないパーティーメニューと言えばローストチキン。

わが家では毎年クリスマスに『鶏の丸焼き』を作ります。

丸ごとの鶏が出てくるだけで、テンションMAXになるので、クリスマスパーティーには欠かせません。

どどん!と豪華で見栄えがする鶏の丸焼きですが、実はとっても簡単。

簡単レシピなので・・・ここ数年、ずっと子供たちが作ってくれています。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

鶏の丸焼きのレシピ

【材料】
丸鶏    1羽
塩コショウ    適量
バター    適量
にんにく    1~2片

ご飯    茶碗2~3杯
玉ねぎ    1/2こ
にんじん    10センチくらい
(具はお好みで。バターライスを作ればOKです)

【作り方】
●詰め物を作ります
1.フライパンに油を熱し、みじん切りにした玉ねぎとにんじんを炒めます。

2.火が通ったらご飯を加えて炒め、コンソメ、塩コショウで味をつけて冷ましておきます。
(市販のピラフを使っても)

●鶏の下処理をします
1.丸鶏全体にフォークをぶすぶすと突き刺します。

2.全体に塩コショウをまぶし、手ですり込む様に塗りつけます。さらにおろしにんにく、バターをしっかりと塗りこみます。

3.冷めたバターライスをお尻の方から詰めていきます。入れるたびにぎゅっと押し込んで詰めてくださいね。最後はつまようじで止めます。

●焼きます
1.オーブンシートを敷いた天板に背中を上にして乗せます。

2.230度に予熱したオーブンで30分焼き、さらに温度を200度に下げて30~50分ほど焼きます。串を刺して、透明な汁が出てきたら焼き上がり。

上手に作るポイント

焼くだけの簡単レシピ。特に難しいことはありませんが、おいしく作るポイントが少し。

鶏をフォークで刺すときは、まんべんなくしっかりと刺しましょう

きちんと刺しておかないと、きれいに油が抜けずべったりした仕上がりになるので、ここは頑張ってくださいね。

息子たちも必死でやっています。
(下まで突き刺すこともあり・・・やりすぎだよ。笑)

焼いている間に出てきた脂を、時々スプーンですくって鶏にかけながら焼くと、皮がパリッ!と仕上がります

鶏の大きさにもよりますが、オーブンに入れて約1時間。

焼いている間にサラダや前菜を用意したら、あっという間にパーティーメニューの完成です。

サラダとかチーズとか、生ハムとか。簡単なものが多いかな。

さて、わが家のクリスマスパーティーは25日。

今年は次男が受験生のため、おうちにいます。

あ、日曜だからパパもいるな。

2人で頑張ってもらいましょう。笑

ママはクリスマスケーキ(ブッシュドノエル)作りを頑張ります!

【ブッシュドノエル】短時間でできるふわふわロールケーキレシピ
電動の泡だて器を使えば、たった5分で完成! 簡単でおいしい、わが家の定番おやつ『ロールケーキ』のご紹介です。 もうすぐ12月。 クリスマスのブッシュドノエルにもお...
スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. Mck@au より:

    こんにちは^^

    キャー美味しそう!!
    バターライスを詰めるのはグッドアイデアだわ!
    こっちはハーバルなパン粉を入れるんだけどあまり好きじゃなくて(笑)

    クリスマスだね〜
    素敵な時間をお過ごしくださいね

    • モンブラン より:

      Mck@auさん
      こんにちは^^

      パン粉を入れるんですね~
      そちらの方が本場なんだろうけど・・・
      日本人はやっぱりお米ですね!笑

      素敵なクリスマスをお過ごしくださいね☆

  2. 幼い頃、このローストチキン食べたくて
    母にねだったことありました。
    当時は肉は高級食材。
    年が分かりますね(^_^;)

    • モンブラン より:

      うちまるさん
      こんにちは^^

      最近はクリスマスになると
      どのお店でもローストチキンや丸鶏を見かけますね。
      クリスマス雰囲気が盛り上がります♪