【鶏の中華風から揚げ(レシピ)】おいしさのポイント

食べ盛りの息子たちに大人気の『中華風から揚げ』です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今まで適当に味付けしていたから揚げですが、やっぱりちゃんと作るとおいしいですね。
(途中で味見ができないから、毎回味が違ってたの^^;)

お腹が減っても好みのものじゃないと食べない、ちょいとめんどーな長男もこのから揚げは大好き。
肉大好き!の次男はもちろん好き。笑

お弁当にもぴったりなので、よく登場するメニューです。

中華風鶏のから揚げの作り方

私も調べたレシピですが。。。

1.鶏モモ肉(2枚)は大きめの一口大に切り、酒(大さじ2)+しょうゆ(大さじ2)+ごま油(小さじ1)+鶏がらスープの素(小さじ1)+砂糖+塩+こしょう+しょうが+ニンニク(各少々)をもみ込んでおきます。

2.さらに卵(1こ)+小麦粉(大さじ3)+片栗粉(大さじ4)をもみ込みます。

3.160度→180度の油で2度揚げしたらできあがり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お弁当に入れたいときは、にんにく控えめ(あるいは無し)でも作ります。
でもおいしいよ。

おいしく作るポイント

このから揚げのおいしさのポイントは、衣と2度揚げ
あと、漬け時間をしっかり取るのも大切。半日くらいは漬けておいてくださいね。

片栗粉と小麦粉の両方で衣を作ると、サクッ!カリッ!フワッ!と仕上がります。
さらに卵がもみ込んであるので、お肉のうまみをしっかり閉じ込めてふんわりとした仕上がりになっています。

2度揚げも少し手間はかかりますが、生だったり焦げたりの失敗なくジューシーに仕上がりますよ。

IMG_1673

「今日のごはん、なにー?」
「お!から揚げじゃが。やった!!」

はらぺこキッズも大満足。

このままでもおいしいですし、マヨネーズやスイートチリソースをつけて食べるのもお気に入り。

いつも(てきとーに)作る唐揚げよりちょっと濃い感じですが、やっぱり唐揚げはしっかりした味の方がおいしいですね。
ご飯にも合う!

わが家は倍量で作りますが、あっという間になくなります。
(お弁当分は死守!笑)

パワーをつけたいときにおススメ

たんぱく質豊富な鶏もも肉。
鶏肉の中で、もっとも多く鉄分を含む部位なので、成長期のお子様や女性にはぴったりな部分。

鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収率が上がるため、レモン汁をかけたり、お野菜を添えたりするといいですね。

またビタミンB2やビタミンB12を含むので、疲労回復にもおススメ。
元気がないとき、パワーをつけたい時にぴったりな食材です。

脂肪の多い部分(皮付きの場合)ですが、皮を取り除けばカロリーも半分近くダウンしますよ。

お値段も手ごろな鶏もも肉。毎日の食卓に大活躍です。

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



コメント

  1. 一時期から揚げを食べなかった私。
    ブロイラーの臭みが原因で。
    今は普通に食べられるようになりました。

    • モンブラン より:

      うちまるさん
      こんにちは^^

      あら・・・
      確かにちょっとニオイが気になるときもありますが、
      しっかり味をつければ大丈夫??笑