栗原はるみさんの『ヨーグルトスコーン』レシピ

栗原はるみさんの季刊誌『haru-mi』に載っていたヨーグルトスコーン。
おいしくて大好きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スコーンって実はすごく簡単。
ぱぱっと混ぜて焼くだけ…30分くらいあればできてしまいます。

スポンサーリンク
レグレンタル大

ヨーグルトスコーンの作り方

栗原さんのヨーグルトスコーン。
卵入りのレシピでしたが、私は卵なしの方が好きなので卵は省きました。
(卵を入れるとふんわり、入れないとサクッとした感じになります)

1.薄力粉(250g)+BP(大さじ1)+砂糖(大さじ1)をボウルに入れ、混ぜます。
2.冷たいバター(50g)を加えて、指先で粉にもみこむようにしてサラサラの状態にします。
3.牛乳(大さじ5~6)+ヨーグルト(50g)を加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
4.粉をふった台に取り出し、手の平で3センチほどの厚さにのばして型抜きします。
5.クッキングシートを敷いた天板に並べ、180度に予熱したオーブンで15分ほど焼けばできあがり。

*牛乳の量は生地の状態で加減してください。粉っぽさがなくなり、ひとまとまりになるくらいが目安
*抜き型がなければ、包丁で切ってもOK
*栗原さんのレシピは牛乳大さじ3、卵1こ、あとは一緒

使ったボウルなどをチャチャッと片付けている間に完成!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きれいにふくれました。
この「ぱっかり具合」が成功のしるし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パカッと半分に割り、熱々のうちにバターやはちみつ、ジャムなどをつけていただきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表面サクサク!中はふんわり おいしーい!!
クッキーやケーキとは違い素朴な味わいですが、何とも贅沢な気分になるのはなぜかしら??

あまったのは乾燥しないようにして保存。
焼いておけばいつでも楽しめますよ。
(冷めてしまったスコーンは、ホイルに包んでトースターで温めると焼き立てのおいしさが復活します)

ほんのひとときの贅沢なおうち時間でした。

▼参考にした栗原はるみさんの本はこちらから購入できます

スポンサーリンク
レグレンタル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
レグレンタル大