ローズラボのリップクリーム『ローズリップ美容液』を徹底レビュー!

ローズラボのローズリップ美容液の口コミ

コロナ禍でマスクが欠かせませんが、唇のケアは大丈夫ですか?

見えない部分だからと言って、手を抜いていませんか?

 

私はとても唇が乾燥しやすく、油断するとすぐに皮むけしてしまうため、毎日のケアが欠かせません。

 

普段は薬用リップクリーム(あまりかわいくないやつ。笑)でケアしていますが、マスクをするようになって口紅を塗らなくなったこともあり、ちょっといいリップクリームを使ってみようと思い立ちました。

 

そこで目をつけたのが、食べられる薔薇からできた『ROSE LABO(ローズラボ)』

 

以前クレンジングと化粧水を使ってみてとてもよかったので、今回は『ローズリップ美容液』をお試ししてみることに。

 

>>>“食べられるバラ”からうまれた、天然由来成分100%のリップ美容液

 

「唇の乾燥を防ぐ」「おしゃれでかわいい」と口コミでも評判の良い薔薇のリップクリームを私も実際に使ってみましたので、さっそくご紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

ローズリップ美容液を使ってみたレビュー

『ROSE LABO(ローズラボ)』は世界にたった1つ、コスメのために誕生した新品種の薔薇を使ったスキンケアシリーズです。

 

 

この薔薇は、国産で農薬不使用の”食べられるバラ”

以前クレンジングと化粧水を使ってみて(使用レビューはこちら)、とても気持ちよく使えましたので、今回は唇専用の美容液『ローズリップ美容液』を試してみることにしました。

 

ローズリップ美容液の特徴

口に入れても大丈夫なくらい安全なバラでできたリップクリーム。

 

ローズラボのローズリップ美容液の特徴

 

ROSE LABO(ローズラボ)が開発した新品種のバラから抽出した、「ハイブリッドローズ花エキス」と「ローズ水」を配合。

 

さらにうるおい保湿成分の「ヒアルロン酸Na」や「ハチミツ」などもたっぷり配合していて、ツヤがあるのにベタつかず、ふっくらとした唇へと導くリップ美容液です。

 

  • ハイブリッドローズ花水: 肌にたっぷりうるおいを与える
  • ハイブリッドローズ花エキス: バラから抽出した豊かな潤いを含む
  • ヒアルロン酸: うるおいをため込み、持続させる
  • ハチミツ: 肌をやわらかくし、うるおいを保持する
  • シアバター:保湿力がとても高い、保湿の王様
  • セラミド:外部刺激から守る保護作用

 

ローズラボローズリップ美容液の全成分

 

【全成分】ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸デキストリン、ハイブリッドローズ花エキス、ハイブリッドローズ花水、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、ハトムギ種子エキス、ハチミツ、シア脂、ホホバ種子油、ハッカ油、セラミドAP、セラミドAG、セラミドNP、セラミドNG、セラミドEOP、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、イソマルト、ダイズステロール、水、クエン酸、グリセリン、レシチン、水添レシチン、結晶セルロース、トコフェロール、BG、ベニバナ赤

 

敏感な唇にも安心して使えるよう、アルコール・エタノール・シリコーン・パラベン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油・防腐剤・香料・タール系色素・合成着色料・旧表示指定成分は使用していません。

 

ローズリップ美容液の使い方

ローズラボのローズリップ美容液の使い方

 

本体をくるくる回して開けると、リップグロスのようなチップが付いています。

 

このチップが柔らかすぎず、固すぎず、すごく塗りやすい!

指で塗るような感じにこだわって、2年もかけて開発したんだとか。

 

さて、美容液自体はとてもねっとりとして濃厚。唇にぴったりと密着するような使い心地です。

 

ローズラボのローズリップ美容液の口コミ

 

いわゆる乾燥荒れ防止のリップクリームとしても使えますし、口紅の下地としても、グロスとしても使えます。

 

ものすごく唇が荒れたときは、たっぷり目に塗ってラップパックをするスペシャルケアもおすすめ。

カサカサしていた皮もきれいに取れて、うるうるっとしたツヤのある唇になりますよ。

 

 

薔薇のリップクリームを実際に使った口コミ

実際に唇に塗ってみると、薬用のリップクリームとは違い、ほどよいツヤ感が出て、グロスに近い仕上がりでした。

 

「リップクリーム」ではなく「リップ美容液」ということで軽い使い心地かな?と思ったのですが、テクスチャーは固めなので、食べたり飲んだりしてもすぐには落ちません。

色も透明だからコップにつかないしね。

 

実際に使ってみてとてもよかった、私のお気に入りの使い方をご紹介したいと思います。

 

まずお風呂で唇をふやかし、(湯船の中で)指でクルクルと荒れた皮を取りのぞいてから、顔のスキンケアの時にローズリップ美容液を使うこと。

 

そうすると縦じわも目立たないぷるん!とした唇になるんです。

 

お風呂上りのケアと、昼間はグロス代わりに使っていますが、唇の乾燥もだいぶ治まり、唇の色も綺麗になってきたように感じています。

 

何よりね、容器がかわいいから、塗るのにテンション上がるのよ。笑

 

 

外出先でも薬用リップよりもおしゃれなんだよね!

 

>>>【ローズラボ】ローズリップ美容液はこちら

 

ローズリップ美容液のメリット・デメリット

ローズラボのローズリップ美容液のメリットデメリット

 

では、『ローズリップ美容液』を実際に使ってみて感じたメリットとデメリットです。

 

良かった点

  • 容器がかわいい
  • 厚みのあるテクスチャーがいい
  • しっとり感が強い
  • 濃厚で取れにくい
  • かなり荒れが治まる
  • グロスとしても使える
  • マスクをしていても使いやすい

 

濃厚な使い心地や、しっとり効果は大満足。

濃厚ですがべたべたするわけではないですし、色も透明なため、マスクをしていても使いやすいのがお気に入りです。

 

いまいちだった点

  • リップクリームとしては高い
  • バラの香りがしない

 

バラコスメのローズラボ。

薔薇を使っているということなのですが、残念ながらローズリップ美容液は無香です。

バラの香りはもちろん、何の香りもしません。

 

香りが苦手な方でも使いやすいと思いますが、バラ好きとしてはほんのりでもいいからバラの香りがするといいなと思いました。

 

どうしても香りを楽しみたかったので(笑)、薔薇のマスクスプレーを一緒に使っています。

 

>>>手の消毒もできるバラのマスクスプレーでマスク生活を快適に!

 

また、リップクリームとして考えるとお高めですが、リップグロスとして使えることも考えると、決して高すぎることはないなと感じています。

 

 

ローズリップ美容液はこんな方におすすめ

ローズラボのローズリップ美容液の本音レビュー

 

お化粧をする女性が、一生のうちで食べてしまうリップクリームの数は、おおよそ10本分とも言われています。

 

そんなに食べちゃってたとは、ちょっとびっくり。

 

少しでも体に良いものを使いたい。

口に入れても安全なリップクリームを使いたい。

 

そんな方は食べられる成分でできた『ローズリップ美容液』をおすすめします。

 

また、容器もとてもかわいらしいので、プレゼントにもぴったりですよ。

 

 

\唇のケアも安心安全の時代!/

 

 

薔薇のリップ『ローズリップ美容液』のまとめ

コロナ禍でマスク生活が続いています。

 

外出時はほぼずっとマスクをするおかげで、口紅の出番がめっきり減りました。

ですが、口元が見えないからと言って、唇のケアを怠っていませんか?

 

隠れているからといって油断禁物です。

「見えないからどうでもいい」ではなく、マスクで隠れている今だからこそ、ふと外したときに、ぷるんとした唇でありたいと思います。

 

見えない部分こそ大切に、美意識高めで!

『ローズリップ美容液』でいつ見られてもいいうるツヤ唇を作りましょう。

 

 

コメント

  1. 昨夜、脛がかゆいと思ったら乾燥肌に。
    冬は毎日クリーム塗らないと。。。

    • うちまるさん
      こんにちは^^

      乾燥するとかゆいですよね。
      春夏は美白、秋冬は乾燥対策と、1年中ボディケアは欠かせません。

  2. 脛がかゆいので一昨日からクリームを塗っていますが、
    今年は乾燥肌がいつもより早いような気がして。

タイトルとURLをコピーしました