わが家の手作り豚まん・肉まんの作り方(レシピ付)

手作り豚まん・肉まんの作り方レシピ

久しぶりに豚まん(肉まん)を作りました。

 

「ママの豚まんはおいしいんだよ」と言ってはいたものの(自分で。笑)、手間がかかるためしばらく作っておらず・・・

 

息子たちもすっかり忘れているようで、「ふーん」「ま、でも家庭レベルよな」くらいの反応でしたので、それでは食べていただこう!!と重い腰を上げたというわけ。

 

久しぶりに作ったら、これが美味しくて。

 

夫はもちろん、味にうるさい息子たちにも大好評のレシピです。

 

 

スポンサーリンク

わが家の豚まん(肉まん)の作り方

 

豚まんと肉まんの違いって?

 

それにしても、豚まん?肉まん?どっちなんでしょうね?

 

私はずっと「豚まん」で育ったのですが、息子たちは「肉まん」と言います。

 

関東は肉まんで、関西は豚まん。

また、肉を使ったものが肉まんで、豚肉を使ったものが豚まん。

 

などなど、諸説あるよう。

 

わが家の場合、肉入りだから肉まんには違いないけど、豚肉を使っているので、「豚まん」かなー?

 

「ママの肉まんは551の家庭版、くらいおいしいで」by夫

 

551蓬莱は「豚まん」ですので、やはり「わが家の豚まん」で決まりです!

 

 

やたらハードルを上げられました(笑)

 

 

わが家の豚まんの材料

 

【皮】

  • 強力粉(100g)
  • 薄力粉(200g)
  • 塩(小さじ半分)
  • 砂糖(大さじ2)
  • ドライイースト(小さじ1)
  • ごま油(小さじ1強)
  • ベーキングパウダー(小さじ1)
  • 水(160㏄)

 

【あん】

  • 豚ミンチ(400g)
  • 長ネギ(半本)
  • 干し椎茸(4枚)
  • 干し椎茸の戻し汁(大さじ4)
  • ゆでタケノコ(適量)
  • ごま油(大さじ1強)
  • しょう油(大さじ4)
  • 酒(大さじ2)
  • 塩(少々)
  • こしょう(少々)
  • 砂糖(少々)
  • ショウガ汁(少々)

 

 

わが家の豚まんのレシピ

 

●皮を作ります

 

皮の材料をすべてホームベーカリー(またはクイジナート)に入れ、パン生地を作ります。

 

 

中華まんの皮については『とんぽうろう(中華風角煮饅頭)の作り方』もご覧くださいね。

 

 

でき上ったらひとまとめにします。

 

わが家の豚まん・肉まんの作り方

 

包丁で8等分にし、軽く丸めて10分ほど休ませます。

 

わが家の豚まん・肉まんのレシピ

 

●あんを作ります

 

ねぎ、タケノコ、戻した干し椎茸はみじん切り。

ボウルにすべての材料を入れて、お箸で軽く混ぜ合わせます。

 

わが家の豚まん・肉まんの肉だね

 

こねるとできあがりが硬くなります。

中からゴロンとハンバーグが出てくる・・・みたいになってしまうので、お箸でサササっと混ぜるくらいにするのがコツ。

 

 

●包みます

 

皮を手に取り、伸ばします。

 

 

柔らかい生地なのでめん棒を使わなくても大丈夫。ぺちんぺちん、グイグイって伸ばしてね。

 

 

円周部分は、最後につまんで閉じるため、皮が重なります。なので、かなり薄くてOK。

 

わが家の豚まん・肉まんの作り方

 

中央にあんを乗せます。

 

手作り豚まん・肉まんのレシピ

 

思い切って乗せて大丈夫。

この状態で生地の端をつまんで引っ張りつつ、包んでいきます。

 

手作り豚まん・肉まんの作り方

 

あ、ボケた。笑

↑こちらはうまくいったやつ。

 

生地に脂がつくとうまく閉じなくなります。

そんな時は、くるっとひっくり返して隠してしまいましょう。

 

↓うまく包めなかったやつ。

 

手作り豚まん・肉まんの作り方

 

 

とじ目を下に向けちゃえば分かんない!笑

 

 

クッキングシートの上に置き、40分ほど2次発酵させます。

 

わが家の手作り豚まん・肉まんのレシピ

 

蒸し器を軽く蒸気が上がるくらいに温め、その中に入れて蓋をしておけばいいですよ。

 

手作り豚まん・肉まんの二次発酵

 

 

蒸し器がない場合は、深めの鍋や土鍋を使ってね。

 

ふっくらしたら、再び火をつけ、蒸気が上がってから10分ほど蒸せば完成です。

 

手作り豚まん・肉まんの作り方レシピ

 

ぎゅーぎゅー!笑

 

とじ目が開いちゃってるのもありますが、売るわけでもないし、自宅用だから良しとしてね。

 

 

手作り豚まん(肉まん)はやっぱりおいしい!

 

ふわふわモチモチ!

イーストもベーキングパウダーも入っているため、冷めてもしぼみません。

 

手作り豚まん・肉まんの作り方レシピ

 

中身もたっぷり!

肉汁もたっぷりでおいしいよー♪

 

手作り豚まん・肉まんの作り方レシピ

 

熱々のできたてにかじりついた息子たち。

 

「んふっ」

「ぐふっ」

「うめぇ!!」

 

8個作ったのも、あっという間に完食でした。

 

よっしゃ!笑

 

 

手作り豚まん・肉まんを上手に作るコツ

 

手作り豚まん・肉まんを上手に作るコツ失敗しないポイント

 

パンと違い、失敗も少ない豚まんですが、上手に作るポイントをあげるとすれば、この3つ。

 

  • 皮を乾燥させない
  • 肉を混ぜすぎない
  • 強火で蒸す

 

皮は乾燥するとうまく包めませんし、硬くなってしまいます。

 

なので、ベンチタイムの時や包んでいる間なども濡れ布巾をかけておきましょう。

 

2次発酵を蒸し器の中でする場合は、蒸気があるので大丈夫ですが、温かい場所で発酵させる時は、濡れ布巾の上からさらにラップで覆ってくださいね。

 

先ほどもご紹介しましたが、ミンチは混ぜると硬くなります。ハンバーグ状になるのが好きな方はしっかりこねて。

 

私は中身がホロホロしている方が好きなので、軽く混ぜ合わせるだけにしています。その方が肉汁も逃げませんしね。

 

蒸すときは強火で。

蒸気が出るまでは強火で、しっかり蒸気が出たら中火にして常にしっかり蒸気がある状態で蒸す方がいいと思います。

 

 

とりあえず好評で満足満足!やる気になっている間に、また作ろうかな。笑

 

コメント

  1. どこかの会社でレンチンしても美味しいとかでやったけど、
    やってみたら皮はパサパサで美味しくない!
    やっぱり、時間はかかるけど蒸した方がいいです。

タイトルとURLをコピーしました