農薬を落として安心野菜を食べよう!【ベジセーフ】食中毒予防にもおすすめです

お野菜や果物についた農薬やウイルスって心配ですよね。

有機無農薬の野菜などを買えればいいのでしょうが、なかなか買えない・・・といった方におすすめ!

スプレーするだけで安全お野菜に変身させてくれる、食品専用の洗浄水『ベジセーフ』のご紹介です。

ベジセーフは野菜や果物、お米、お肉やお魚まで洗える食品専用の洗浄水。

食品の表面についている農薬やワックス、ポストハーベストなどの化学物質を取りのぞいてくれるアルカリイオン水です。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

農薬って洗えば落ちるの?

毎日食べるお野菜。

よっぽど気を遣って育てている有機無農薬のもの以外は、ほぼすべてに農薬が使われています。

「農薬がついてるかもしれないけど、しっかり洗って食べてるから大丈夫だよね?」と思いがちですが、じつはそうではありません。

一部の農薬は雨で流れ落ちないように接着剤のようなもの(展着剤)と一緒に使われているんだそう。

そのような農薬は、通常の水洗いでは落ちにくいようになっています。

きれいに洗ってるから安心!と思っていても、農薬が残っていることはあるんですよ。

簡単に農薬を落とす方法

普通に水洗いしても落ちない農薬は「ベジセーフ」で落としましょう!

ベジセーフは残留農薬やワックス、ポストハーベストなどの化学物質をキレイに落としてくれる野菜洗い専用のアルカリイオン水素水

イオンの力で農薬などの汚れに浸透。はがして落とします。

PH10.5のアルカリ性なので、除菌効果もあり、鮮度も保ってくれるんですよ。

ベジセーフ自体は99.9%が純水。残りの0.1%がこんにゃくなどに含まれる炭酸カリウムでできています。
界面活性剤や防腐剤、保存料は一切使用していないので、安心ですね。

ベジセーフの使い方

ベジセーフの使い方はとても簡単です。

基本的にはスプレーしてから、水洗いすればOK。

プチトマトの洗い方

まず皮ごと食べるぷちトマト。
シュシュッとスプレーしてコロコロとまぶすように洗うだけ。

するとね。
すぐにこのように黄色い液体がでてきました。

これが水洗いしても取れない接着剤なんだそう。
接着剤である「展着剤」は黄色い液色をしているのが特徴です)

今まで普通に食べていましたが。。。
この展着剤も一緒に食べていたんですね。コワイ。

スプレーした後は普通に水洗いして。

きれいになったぷちトマト。
心なしか元気そうに見えるでしょ。笑

ぷちトマトのほかにも、皮ごと食べるりんごやぶどうなどもこれで安心かな。

レタスの洗い方

レタスなどの葉物野菜は直接スプレーし、指でささっと洗ってから水洗いしましょう。

お弁当用にまとめて洗い、水切りしておくと楽ちん。

鮮度も保たれますしね。

お米の洗い方

お米にも農薬は使われています。

研ぐのでさほど神経質にならなくてもいいかな?とは思いますが、水で落ちないものもあるので、ベジセーフをシュシュシュ!

3合に15~20回ほどスプレー。

手でさっとなじませるように混ぜて。
なんとなく、こちらも黄色っぽくなりました。展着剤か??

あとは普通に研いで炊いたらOK。

「ふっくらおいしく炊ける!」とのことでしたが、味の変化は誰も気づきませんでした。笑

ま、いいんだけど。

食中毒予防にも効果的

農薬を洗い流すほかにも、除菌効果もあるベジセーフは、O-157や大腸菌などの食中毒菌にも効果があります

微生物は生きられないアルカリ性なので、スプレーして30秒ほどで菌が死滅するんだそうで。

食中毒も気になるこれからの季節。
子どもたちのためにも、ベジセーフで安心な食卓作りを心掛けたいと思います。

▼詳しくはこちら▼


*いつでも解約・休止できる定期コースがお得です。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. ベジセーフ
    すごいですね!
    食中毒も防げるなんて素晴らしい。

    • モンブラン より:

      うちまるさん
      おはようございます^^

      暑くなると食中毒も心配ですものね。
      農薬も食中毒もベジセーフで安心です!