【ころころ歯ぶらし】歯茎マッサージもできる世界初の回転式歯ブラシ

回転式ころころ歯ぶらしのブラシ部分

やまちやの『ころころ歯ぶらし』は極細毛がぎゅぎゅっと密集した、特許取得の回転式歯ブラシで、1日数万本も売れた大ヒット商品。

 

歯がツルツルに磨けるのはもちろん、歯茎もきゅっと引きしまり、お口のネバつきもなくなる不思議な歯ブラシ。

 

ピンク色でキュッとした、若々しいきれいな歯茎になりたいな、と思い、

歯茎を元気にして若々しさを保つ効果のある世界初のローラー型歯ブラシを使いはじめました。

 

 

スポンサーリンク

若く見える口もとには歯茎も大切です

自分の歯茎を気にしたことはありますか?

年をとって歯茎が痩せてくると、下に下がって歯が長く見えてくることがあります。

これがかなり老けて見えるって知っていましたか?

 

見た目年齢に大切な顔・髪はもちろん気にしますし、歯を白く保とうと努力もします。

でも「歯茎も大切!!」なんです。

 

見た目年齢を左右する大切な歯茎をきれいに、そして元気にするために大切なことの1つが、マッサージをすることです。

歯茎は刺激を与えることで新陳代謝や血行が促進されて、新しく強い歯茎ができていくんだそう。

 

指でマッサージしたり、歯ブラシでやってみたり・・・ですが、なかなかうまくいかなくて。

何とか簡単で、なおかつ効果のある方法はないかな?と思い、たどり着いたのがやまちやの『ころころ歯ぶらし』

 

全く新しい21世紀型の回転歯ブラシ

 

歯を磨くだけでなく、同時に歯ぐきのマッサージもできる新しい歯ブラシ(21世紀型!!笑)です。

 

ころころ歯ぶらしの特徴

やまちやのころころ歯ブラシ

 

『ころころ歯ぶらし』の最大の特徴は4000本もの超極細毛が密集していること。

またその形も独特。

回転するようになっていて、磨くというよりもコロコロと転がしているだけでOKな不思議な歯ブラシなんですよ。

 

回転式ころころ歯ぶらしのブラシ部分

 

ご覧いただくと分かりますが、普通の歯ブラシのようになっているのではなく、クルクルと回る回転式になっています。

で、その表面に細かい毛がびっしりと植え付けられています。

モワモワモワモワ・・・にしか見えなくらい細かい極細毛が4000本!!

 

一般的な歯ブラシには400本程度の毛しかついていなんだそうで、ころころ歯ぶらしはその10倍もついてるってことになりますね。

 

密集した毛の量と回転式ということで、日本だけでなく、アメリカなど世界各国で特許を取得されているんだそうですよ。

 

▼ころころ歯ぶらしの秘密とは?


 

ころころ歯ぶらしの使い方のポイントと口コミ

さて、不思議なころころ歯ぶらしの使い方ですが、使い方はとても簡単。

名前の通り、コロコロとするだけです。

 

「磨こう!」とか「綺麗にしよう!!」とかいう意識は必要ありません。

歯ブラシは歯に沿って縦に動かしましょう、なんてこともよく聞きますが、この歯ブラシではそんなことも一切関係なし。

 

パク!っとお口に加えて、とにかくコロコロコロコロしていればいいだけです。

 

ころころ歯ぶらしの使い方

 

「基本的なころころの仕方」という説明書も入っていましたが、まぁ要するに転がしていればOK。横磨きで大丈夫。

 

「横に転がしているだけで、歯の間も綺麗になるのかな?」と不安だったのですが、とにかく毛が細いのと密集しているのとで、歯のすき間までしっかりと入っていっていました。

 

基本的にはとても簡単なのですが、ころころ磨きで気を付ける点は、

 

●力をいれないこと

●歯茎には毛先を直角に当てること

 

鉛筆を持つように持って、やさしく転がしてくださいね。

力を入れると毛先も痛みますし、転がした途端に口から飛び出します。

慣れないうちは私もなんどかシューっ!!とほっぺたを磨いちゃいましたし。笑

 

音楽を聴きながらとか、テレビを見ながらとか、ながら磨きで長めに磨く方が効果が高いため、歯みがき粉はつけなくて大丈夫です。

もしつけたいなと思ったら、研磨剤や発泡剤の入っていない、なるべく天然の歯磨き粉を使いましょう。

 

▼同じやまちやの歯みがき粉と使っています。

 

 

「転がすだけで歯を磨けて、歯茎をマッサージしながら要らないものを綺麗に流してくれる」

 

その通りで、最初は歯茎から出血しました。

右利きの人には磨きにくい右の奥歯・・・

要らないものが溜まっていたのかな?きちんと歯は磨いていたつもりで、むし歯もありませんが、歯茎は不健康だったのかもしれません。

その部分だけ、ケアがきちんとできていなかったってことなんでしょうね。

 

強くて元気な歯茎を作るためには、血が出てしまっても、歯ブラシで歯肉を刺激(マッサージ)することが大切です。

 

青竹踏みをしながら、モップをかけながら、スマホを見ながら、本を読みながらコロコロ磨きをしていますが、使っているうちに歯はもちろんツルツルですし、歯茎もピンク色になってきました。

(※個人の感想です。効果効能を保証するものではありません)

 

私は大人になってから歯科矯正をしたため、歯が引っ張られたぶんだけ歯茎が下がってしまっています。(これは仕方ないからねー!by歯科医師)

これ以上下がらないよう、きれいな歯茎を保てるよう、しっかりケアしたいと思います。

 

歯茎が元気になるころころ歯ぶらし

 

歯ブラシにしたら少しお高い『ころころ歯ぶらし』

なので、私は1日3回これで磨くのではなく、1回くらい時間のあるときにころころするようにしています。長持ちするから・・・笑

 

『ころころ歯ぶらし』は入れ歯をしていても使えますし、舌磨きにも使えます。

コロコロしているとほっぺたの筋肉もほぐれてきますよ。

 

高価な歯ブラシにもかかわらず、累計で59万本売れた、というのがその実力の大きさを物語っているんでしょうね。

 

抜けてしまったらもう2度と生えてこない大切な歯のため

そして、歯を支える大切な歯茎のために、ぜひ1度使ってみてくださいね。

色は赤の他に、青・黄色・緑の4種類から選べます。

 

 

ご購入はこちらからどうぞ

 

コメント

  1. これは初めて!
    回転ブラシかぁ!
    歯茎は大切ですからいいかも。

    • うちまるさん
      こんにちは^^

      コロコロ転がる不思議な歯ブラシ。
      歯と歯茎の健康のためにもしっかり磨きたいですね♪

タイトルとURLをコピーしました