敏感肌におすすめ!米一途の美容液『塗る米ぬかセラム』使い方と効果を口コミ

米一途の塗る米ぬかセラムの口コミレビュー

夏が終わり、季節の変わり目の敏感肌、ゆらぎ肌が気になる時期になってきました。

 

 

お肌が元気なときは攻めのスキンケアでもいいけど、弱ってきたら守りを固めたい。

 

そんな守りのスキンケアにおすすめな米一途(こめいっと)の美容液『塗る米ぬかセラム』のご紹介です。

 

私たち日本人のお肌に合うお米と乳酸菌発酵エキス(プロバイオティクス)で作られた、とにかくお肌にやさしい守り重視の美容液

 

お肌のゆらぎが気になる40代の私も実際に使ってみましたので、使い心地や効果などを詳しくレビューしていきますね。

 

 

スポンサーリンク

米一途『塗る米ぬかセラム』の特徴

敏感肌にもおすすめなスキンケア米一途の口コミ

 

米一途(comeitto こめいっと)は、「お米の力で健康で美しいお肌を作る」スキンケアブランドです。

 

誰もが安心して使える原料を、ということで探していて、たどり着いたのが私たち日本人が昔からほぼ毎日食べているお米なんだそうで。

 

米ぬかってお肌に良いんだよね。

 

11の無添加処方など、とにかくお肌にやさしいことを第一に考えて、作られています。

 

今回ご紹介する『塗る米ぬかセラム』は、お肌の保湿・保護に特化した超保湿美容液

 

オーガニックの米ぬか水に、プロバイオティクス(乳酸菌などの発酵エキス抽出物)を配合し、お肌にやさしくハリと弾力を与えてくれるのが特徴です。

 

敏感肌にもやさしい米一途の塗る米ぬかセラムの特徴

 

お米と乳酸菌と。

私たち日本人にはとてもなじみのある成分でできた、お肌にやさしい美容液。

 

 

季節の変わり目のお肌がピリピリするときに良さそう!

 

特に、敏感肌の方や、妊娠中・季節的に不安定になるゆらぎ肌の方、お子さまにもおすすめです。

 

米一途の塗る米ぬかセラムの全成分

 

【全成分】コメヌカ水*、水、プロパンジオール、スクワラン、BG、トリエチルヘキサノイン、イソドデカン、ステアリルアルコール、ソルビトール、メチルグルセス-10,1,2-ヘキサンジオール、サッカロミセス/オオムギ種子発酵液、乳酸桿菌/ザクロ果実発酵エキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ダイズ発酵エキス、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、ベタイン、ニンジン根エキス、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、フェニルトリメチコン、カルボマー、キサンタンガム、水添レシチン、ステアリン酸グリセリル(SE )、セスキオレイン酸ソルビタン、グリセリン、ダイズ油、トロメタミン、トコフェロール、カラメル( *オーガニック由来原料)

 

パラベン、フェノキシエタノール、ベンゾフェノン、トリエタノールアミン、硫酸系界面活性剤、タルク、クロルフェネシン、ミネラルオイル、ベンジルアルコール、合成香料、合成色素は使用していません。

 

塗る米ぬかセラムを使ってみた体験レビュー

では実際に使ってみた感想です。

使い方

米一途の塗る米ぬかセラムの使い方

 

基本的な使い方は、「朝と夜に化粧水の後に使って、必要ならばクリームでフタをしましょう」とのこと。

 

ま、要するに美容液として使えばOKです。

 

使う量は1~2プッシュ。プッシュ式なので、出すのも楽チンなのもいいなと思いました。

 

もちネバの使い心地

米一途の塗る米ぬかセラムのもちネバテクスチャー

 

1プッシュがこのくらい。

うまく伝わるかどうかわからないんだけど、乳液よりは固めで、ネバっと糸を引くようなテクスチャーです。

 

独特のもちねばテクスチャーが特徴の超保湿セラムです。

 

「もちネバ」ってのがぴったりなくらい、指でツンツンとするとネバーっと指についてきます。

 

使い方に「叩くように伸ばしましょう」とあったので、ポンポンといった感じでたたき伸ばしてみたのですが、ネッチャラネッチャラして、ちょっとキモチワルイ・・・

 

・・・ゴメンナサイ

 

人によるかもしれませんが、私は「納豆っぽい!?」と感じてしまいましたので、いつものスキンケアのようにスーッと伸ばすようにして使っています。

 

米一途の塗る米ぬかセラムの使い心地

 

トントンと伸ばさない限り、糸を引くようなことはありませんので大丈夫。普通に使えばとてもなめらかなテクスチャーですよ。

 

たたき伸ばすときと、普通に伸ばすとき、えらくテクスチャーが違うのには驚きましたが、使い心地は悪くありません。

 

すーっと伸びて、お肌にぴったりと密着する感じ。

密着したあと、しばらくペタッとしているのですが、そのまま触らないでいるとじわーっと浸透して、最終的にはサラサラになりました。

 

被膜感というのかな?お肌がとても守られているようで、この使い心地は好きですね。

 

しみたり、ピリピリしたりもありません。さすがお米!お肌へのやさしさは確かです。

 

お肌の状態はどう?

敏感肌にもやさしい塗る米ぬかセラム

 

水分を与えるというよりも、しっかりお肌を守るような使い心地なので、まず化粧水で水分をしっかり与えてから塗る米ぬかセラムを2プッシュ。

 

顔全体に広げたら、そのまま数分置いて、お肌になじんだらクリームでフタをして使っています。

 

2プッシュだとなかなかお肌には浸透せず、いつまでも指でなじませていると白く浮いてきちゃうんんだけど、顔全体に伸ばしてしばらく置いておくと、じわじわじわじわーっと浸透して、モッチモチの吸い付くようなお肌になるんです。

 

口コミなどによると、人によってはこのままでもいいようですが、40代後半ともなると少々油分が足りない気がして、少しだけクリームをプラス。

 

私の場合は、これがベストな使い方でした。

 

ただし注意点が2つ。

 

塗る米ぬかセラムの後に水分の多いものを使うと、せっかくの膜が溶けだして、またベタベタになってしまいます。なので、水分の多いものは米ぬかセラムの前に使うのがおすすめ

 

そして最後のクリームが多いと、これまたベタっとなるため、軽くクリームでフタをする、くらいの感覚がいいと思います。

 

私は特に朝使うのがお気に入り。

被膜感、サラサラ感、もちもち感がメイクのノリを良くする感じがしてね。もちろん乾燥も防いでくれていますよ。

 

塗る米ぬかセラムのメリットデメリット

米一途の塗る米ぬかセラムのメリットデメリット

良かった点

  • お肌にやさしい
  • メイク前に使いやすい
  • 乾燥や刺激から守ってくれる

 

しみたりピリピリしたりは全くなかったし、メイクの邪魔になることもなかったし、刺激から守ってくれているなーという美容液です。

 

悪かった点

  • 攻めの効果は無い
  • 香りはあまりない

 

美容液と言うと、美白効果とかシワ改善効果に特化したものが多いイメージですが、塗る米ぬかセラムにはそういった美容効果はありません。

 

とにかくお肌にやさしく保湿する、敏感肌を強化するといった攻めではなく守りの美容液だなと感じました。

 

香りはほぼありませんので、無香タイプが好きな方にも使いやすいですよ。

 

塗る米ぬかセラムのまとめ

塗る米ぬかセラムの口コミレビュー

 

暑かった夏もようやく終わり、涼しい秋風が吹くようになりました。

 

涼しくなると感じるのがお肌の乾燥。爽やかな風を無防備に浴びると、お肌はどんどん乾燥しますからね。

 

季節の変わり目のゆらぎ肌でも安心な『塗る米ぬかセラム』で、しっかりお肌を守りたいと思います。

 

 

 

 

 

コメント

  1. 私は今、米ぬか石鹸を使っています。
    肌にいいどうかはよく結果は出てませんが
    一年は使ってみる予定です。

    • うちまるさん
      こんにちは^^

      米ぬか石けんもいいですよね!
      お米のスキンケアは私たちのお肌に合うと思います♪

タイトルとURLをコピーしました