【英語を話せる!聴きとれる!】英語を話せるようになる勉強方法

英語を話せるようになりたい!

中学校から高校、そして大学と英語を勉強してきたので、ある程度は理解できるのですが、話すとなると全くダメなわたし。

海外旅行も大好きだから、英語を話せるようになると楽しいだろうなぁと思い、ラジオを聴いたりもしてみたのですが、なかなか「口に出す」まではいかないのが現実でした。

が、やっぱり英語を話せるようになりたい!ってことで、聴いて話せる英語プログラム『30日間英語脳育成プログラム』を始めてみることにしました。

『30日間英語脳育成プログラム』は聴けて話せる英語の権威で、世界の大学の教壇に立つ 言語学者が開発した、効果的に英語が身につくプログラム。

45歳以上の初心者でも英語が話せる・聴けるようになる!」として、全国の大学・中高の先生に支持されている英語教材。

また、 英語を話す必要のある官公庁や大手企業、国立大学にもたくさんとり入れられています。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

なぜ英語が話せないの?

中学校、いや、早ければ小学校から英語の教育が始まる日本。

ですが、子どもたちを見ていても思うのは「なんで英語が喋れないのか?」ということです。

週に何時間も英語の授業を受け、宿題もし、テストも受けてそれなりの点数を取っても、しゃべれない。

「私は英語が苦手」

「だって、オレ、英語が苦手じゃもん」

息子たちも私もつい言ってしまうセリフですが、英語が話せないのは、英語が苦手なのではなく、英会話学習法が間違っているからなんだそうです。

英語を含め言語には、「音」を使う【聴く】【話す】と、「文字」を使う【読む】【書く】の4つの能力があります。

子どもが言葉を覚えていく順番を考えてほしいのですが、言葉は、耳⇒口⇒目⇒手の順に身についていきますよね?

耳は「聴く」、口は「くり返し言う」、目は「読む」、そして手は「書く」

親の言葉をひたすら聴くことから始まり、真似して言い出し、それから徐々に文字として覚えていきます。

英語もそれと同じ。

英会話を正しく、効率よく身につけるには、この【聴く】【話す】【読む】【書く】を、順序立てて学ぶ必要があるということです。

ですが、英語の授業はひたすら「読んで」「書く」ことから開始。

聴いたり話したりは、あまりしません。

要するに、私たちが英語を話せないのは、「英語の勉強をしてきたのに話せない」のではなく、「話す練習をしてこなかったから英語が話せない」だけなんだとか。

お、少し気が楽になった。笑

ってことで、始めたのが聴いて話す訓練ができる『30日間英語脳育成プログラム』です。

話すためにはまず聴く!!

英語を話すうえで1番大事なのが「聴く能力」

どの言語でも同じなのですが、私たちは聴き取れない音を口に出すことはできません

効率よく英語を聴きとり、話すことができるようになるもの。それが『30日間英語脳育成プログラム』

『これなら英語が話せる!聴き取れる!』と、受講者の91%が英語がわかった!と回答した英会話教材。

言語学博士が開発した「話せるようになるための」英語プログラムになっているのが特徴です。

とにかく聴くことに重点を置いているため、まず耳が慣れ、そして口に出せる。つまりしゃべれるようになるんですよ。

英語脳になるための勉強方法

まずは初級編から。笑

初級編、中身はこんな感じです。

【セット内容】
データCD-ROM(Windows専用)、オーディオ用音声CD、ハンディテキスト、操作ガイド、感想返信用紙

パソコンで使うのはデータCD-ROM。

通学や通勤、家事の時など音声だけでも学習できるCDとテキスト。

どちらもあるのがいいですね。

では、やってみます!!

パソコンにセット。

するとこのような画面が出てきます。

「ふむふむ」

ま、ようするにとにかく聴けってことだな、と思いつつ、スタート!!

テキスト(文字)なし。

クリックすると、ひたすら英語が繰り返して流れてきます。

頭の中で訳す必要もなく、一生懸命とにかく聴きましょう

これ以上聴き取れないとなってから、初めて文字を見ます。

訳も見て、確認。

初級編は英語を勉強してきた身としては、決して難しいものではありません。

一応聞きとれるし、訳もだいたい分かりますが、頭の中でこんな風に訳してるわけではないんですよね。

訳すとなると、きちんとした日本文にしてしまいます。

でも、この「英単語の順番で訳す」というのも、英語脳には大切なこと

後ろから前を振り返れる「読む」と違って、ダダダーッと流れていく「聴く」を理解するためには、このように英語の順番で理解する必要もあるんです。

これも訓練ね。

それにしても、この和訳。おもしろい。。。「すっげー!」ってどうなの?。。。笑

『30日間英語脳育成プログラム』は、英文を見ながら口に出すステップは1つしかありません。

ひたすら聴いたり、あとを追いかけて口に出すステップがほとんど。

目で読まないので、完全に覚えちゃうか、必死で聴くしかありません。

目で見て簡単だと思う英文でも、ネイティブのスピードで口に出すとなると、これがついていけないのー!

早口言葉みたい。。。

舌かみそう。。。

英語を口に出すことはあるけど、こんなスピードで話すことは初めてかも。

わーお!!ちょちょちょ、ちょっとまてー!ってな感じでお勉強してますよ。笑

リスニングテスト対策にもおすすめ

大学受験生の長男。

英語は必須科目です。

単語を覚えたりも頑張っているようですが、センター入試にも本番にも「聴くテスト」がありますよね。

そのために耳を慣らそう!ってことで、一緒に始めています。

いちお、受験生。

「簡単じゃがーん」と言っていますが、「ほな、しゃべってみ」というと、やっぱりついていけません。

「わわわわわ・・」「ほにゃほにゃら・・・」笑

なかなかパソコンの前でっていう時間もないので、音声CDをスマホに入れて。

テキストが必要なときはちらっと見てね。

耳が慣れれば、リスニングテストも聴きとれるようになるはず。

英語脳で聴きとれれば、問題も解けるはず。

「英語苦手じゃー!」の長男ですが、英文自体が簡単なため、全く訳わからんという感じでもないのがいいようで、ちょっと聞こうかなという気になるようです。

短時間でOKの英語勉強

1日分は15~30分ほど。

最初なんてほんと15分もかからずに終わります。

時間をあまり取られないのも続けやすさの秘訣かな。

聴いているとだいぶ耳も慣れてきましたし、口もちょっとは回るようになってきました。

英語を話せるようになるため。

楽しく海外旅行に行けるため。

がんばるぞー!!

私が使っている初級編の他に、中級編やビジネスに役立つオフィス英会話もあります。

中でも1番人気なのが『英語克服完全セット』

初級+中級に加えて、オンライン講座のレッスン受講3回分や、いろいろな副教材もついていてるお得なセットになっています。

7日以内ですと返品可能なので、安心して始められるのもお気に入りです。

詳しくはこちら・・・英語が話せた!と評判。30日で基礎が身につく噂の英語教材とは?



スポンサーリンク
綺麗ママ大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. 英会話は夢ですね。
    しっかりと働いて余生はと思いつつ、
    現実に追われて。。。

    • モンブラン より:

      うちまるさん
      こんにちは^^

      学生時代、あれだけ英語を勉強したのに話せないのが悲しくて・・・
      「話すための勉強」が大切なんですね!