月下美人を食べる!ネバネバおいしい【月下美人のおいしい酢の物】

月下美人をいただきました。

「きれいなお花~」とお花を飾るようにではなく・・・なんと、食べるようにとのこと!!

「月下美人って食べられるの!?」とびっくりしつつ、教えてもらったレシピで『月下美人の酢の物』を作ってみました。

簡単にいえば、さっとゆでて酢の物にしただけ。笑

ですが、「月下美人を食べる!!!」と大いに驚いた1品でした。

月下美人とは

メキシコの熱帯雨林地帯が原産のサボテン科クジャクサボテン属。

クジャクサボテンの多くは日中に花を咲かせるのですが、月下美人は夜に花を咲かせることが特徴です。

花言葉は「はかない美、儚い恋、繊細、快楽、艶やかな美人

月下美人のイメージにぴったりの花言葉ですね。

気温や栄養状態、日光の量がちょうどよくないと花が咲かないため、管理が難しいサボテンとして知られているんだそうで。

そんな月下美人を何鉢も、しかもきれいに咲かせられるお友達。すごいわぁ。

たった1晩だけ咲く大輪の花。

朝にはしおれてしまうため、なかなか見る機会もないですよね。

「月下美人持ってきたよ」といわれ、

わぁい!おうちに飾ろう!!と思ったわたし・・・無知すぎる。笑

月下美人のレシピ

サボテン科の月下美人。

食用のサボテンは栄養が豊富。

ビタミンやミネラル、アミノ酸、カリウム、カルシウムなどが含まれていて、血行促進効果、解熱・解毒効果、痛みを止める効果、健胃作用、下痢を止める効果、利尿作用、精神を安定させる効果、コレステロールや血糖値を下げる効果などがあります。

ってことは、月下美人にも似たような効果があるのでは?

「とにかく栄養たっぷりで、夏バテにもいいらしいよ」ってことで、いただいてきました。

結構大きなお花。

水洗いした後、沸騰したお湯でさっとゆでてザクザクと切って。

お湯に入れた時点から、ネバーっと透明の粘りが出てきます。

オクラとかモロヘイヤとか、あんな感じの粘りね。

三杯酢や合わせ酢など、お好みのお酢で和えたらできあがり。

粘ってるの分かりますか?

ぐーるぐるとかなり混ぜたらこんな感じになっちゃいましたが、そーっと和えるようにするとここまでネバネバにはならないと思います。(パパが混ぜた。笑)

おいしいお酢「おいしい酢」

三杯酢で和える、と教えてもらったのはいいけれど、実は酢の物が苦手。。。

食べるのは好きなんだけど、作るのが苦手なんです。

なぜか、いつも味が決まらなくて。

と、ぼやいていると、一緒に月下美人をいただいた別のお友達が「便利なのがあるから、あげるわ!」とこちらをプレゼントしてくれました。

飲んでもOK。料理に使ってもOK。

その名も『おいしい酢』

みかん果実酢が使われていて、優しい甘味とさわやかな酸味が特徴。

楽天ランキングでもNo.110秒に1本売れる大人気のお酢なんですよ。

酢の物もおいしい酢をかけたら、即完成。

ピクルス液にも使えるし、ドレッシングやお菓子作りにも使える便利なお酢。

酸味もマイルドだし、甘みも効いて、たしかに「おいしい」!

月下美人もおいしい酢で和えて、白菜やキュウリもおいしい酢に漬けて。

急にお酢の物上手になった気がしています。

便利なもの、おいしいものをいつも教えてくれる、人生の先輩たち。

ありがとう。

おまけの・・・ネコと着物

『おいしい酢』をくれたお友達のおうちで飼い始めた猫ちゃん。

月に2回ほど遊びに行っているのですが、だいぶ慣れてくれました。

でもまだズーム撮り。

次回はもっと接近戦で挑みます!!笑

なんで遊びに行っているかというと、着物を着るため。(そのあとお茶に行く)

絽の着物の季節も終わりました。

いやー、スケスケの薄い絽のお着物とはいえ、夏はめちゃめちゃ暑かった・・・がんばった・・・

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



コメント

  1. 『月下美人の酢の物』
    これは初めて聞きました。
    ちょっと変わってて良いかも。

    着物姿良いですね。

    • モンブラン より:

      うちまるさん
      こんにちは^^

      ありがとうございます♪
      着物もだいぶ着慣れてきました。

      月下美人、初めて食べましたが、
      ネバネバしておもしろかったです^^