【着物のススメ】着物を着ると綺麗になれる!?

私の今年の目標は『美』

綺麗になる!の一環として、着物を本格的に着始めて半年ちょっとが過ぎました。

昨日お伝えしたように「花より団子」で始めたお茶。
目的は抹茶と和菓子だったのですが(笑)、一応きちんと!と思いお稽古は着物で行っています。

お稽古やお茶会などで月に6回ほど着物を着ているおかげで、だいぶささっと着れるようになりましたよ。

普段なかなか着る機会のない着物ですが、私が感じている「こんないいことあるよ!」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

着付けでストレッチ!?

着物は洋服と違い、着るまでが大変です。

下着や長襦袢など、順番にピシッと着ていかないと最終的に着崩れてしまうので、「見えないからいっかー」ってのは通用しません。

見えない部分もきちんと、の心掛けが大切。

いただいたお着物と祖母の帯。
内輪のお稽古なので、あるものでOK!

また、「心掛け」的なことだけでなく、体力も必要。

着付けは結構重労働です。
今くらいの季節から、着るだけで汗だくになるからね。

帯を締めるのも力がいるし、とにかくなんだかんだと背中まで手を回さないといけないので、めちゃめちゃストレッチになります。

肩が痛い、とか、四十肩だ。。。なんて言ってられない感じ。

誰か手伝ってくれるときはいいのですが、一人の時は何とかしなくちゃいけませんのでね。
せっせせっせと着ています。

そしたらね、何とか手も回る!

要は気合?笑

そして、着終わると、帯で背中から腰からピシッと伸びます。

必然的に姿勢が良くなる。。。
姿勢が悪くなると「オエッ」ってなりますから。帯が胃に食い込むので。笑

コルセットみたいな感じかな?慣れれば楽ちんですよ。

着物の良い点・悪い点

普段はデニム姿でチャリチャリがほとんどのわたし。
買い物の量も多く、買い出し部隊並みに大荷物でうんこらしょっ!と自転車をこいでいます。

着物を着て、まず感じるのがとにかく動ける範囲が狭いこと

もちろん自転車には乗れませんし、走れませんし、そもそも大股で歩けません。
足も開いて座ったり、足を組んだりもできません。
(いや、できるけどさ。変でしょ?)

足だけでなく、腕もそう。
たもとがあるので、腕や手を大げさに動かすとみっともないですしね。

強制的に(笑)動作も優雅にならざるを得ません

さらに、お茶をしててよく怒られるのが、きちんと座ること。

ちょっとお茶碗を置くとか、ちょっと何かをするときにきちんと座らず「ほいっ」ってな感じでついやってしまうのですが、着物姿で立膝とか中腰とかもこれまた変。

「きちんと座る(正座)のに1秒もかかりません!座りなさい」

確かにねー。

着物でバタバタ動くとみっともないので、「何かしながら」ではなく、「そのことだけをする」「そのことだけに集中して動く」に気を付けます。

これが綺麗に見えるコツなんだとか。

ってこれは、洋服でもなんでもいえることなんでしょうけどね。

着物でキレイになろう

着物を着て出かけると、視線を感じます。笑

珍しいですからね。つい見てしまうんだろうけど、見られてる方は結構ドキドキ。

「組み合わせ、変かな?」
「きちんと着れてるかな?」

見られることを意識すると、これまたきちんと着なくちゃと思いますし、より一層所作も姿勢も気を付けるようになります。

人の視線って大事!

・着るときにストレッチ。
・着たら姿勢や動き方に気を付ける
・所作にも心を配る
・気力と体力がつく

着物を着るだけで、これだけのことができます。

綺麗になれそうでしょ?

入学式とか卒業式とか結婚式とか。
そんな特別なときだけではなく、サラッと普段着感覚で着れるようになりたいなと思っています。

これからは暑くなるので、着物にとっては過酷な時期。

単衣になったけど、帯の部分とか、めちゃアツイー!

あら?背中にしわが寄ってるな・・・
これは次回、気をつけねば。

暑くても寒くても、多少動きにくくても!優雅に見えるよう、綺麗に見えるよう、頑張ります。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. 以前、お世話になったショップチャンネルの根津さんが
    着物姿で聖子ちゃんコンサートに行ったとか。
    最近、着物姿見かけなくなっただけに嬉しいです。