大好き!ユーハイムのバウムクーヘン(母の日)

母の日に『ユーハイムのバームクウヘン』をプレゼントしてもらいました。

バームクーヘン大好き!
特にユーハイムのが大好き!!

ウキウキです。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

ユーハイムのバウムクーヘン

100年以上バームクーヘンを作り続けている老舗「ユーハイム」

バームクーヘンが大好きで、見つけてはちょこちょこ買って食べているのですが、やっぱりユーハイムが1番好きです。

柔らかかったり、スポンジみたいだったり、あっさりしてたり、こってり甘すぎたり・・・なかなかドンピシャ!ってのには巡り合わず。

ユーハイムのバームクーヘンはスポンジとも違うし、適度な硬さ&甘さでホント、おいしいんですよね。

ほら、この層!見事だわぁ♪

わが家では特に母の日には何もしません。
(自らアピールしないってことね)

今年もそんな感じだったのですが、「テスト終わったぜー!部活もねぇし、遊びに行けるのは(引退してる)オレらの特権じゃ!イェーイ!!」と遊びに出かけた長男が買ってきてくれました。

「はい、これ。遅くなったけど、いつもありがと」
「あ、オレら2人からな」

おお!知ってたのね??
次男も一緒に2人から・・・ってことだったみたいなんだけど

「え?ナニナニ?」
「え?母の日っていつじゃったん?」

話が通じていないようでした。笑

「え?バームクーヘン!?オレも好きなんよー!!」
「ちょっと食べてみんといけんな!」

全く通じておりませんな。笑

母の日に想うこと

子どもにとって母親はとても大きな存在です。

とくに息子たちは「ままえんぼ(ママにべったりの甘えんぼ)」だったため、それこそ小さいころは、もう「絶対!」な存在。
ホント・・・大変でした。アハハ

でもそれだけ楽しいこと、うれしいこと、幸せなこともいっぱい与えてもらったなぁといまさらながらに感じています。

2人ともすっかり大きくなり、最近では母親というより家政婦では!?と思うことも多々あり・・・

「腹減ったー!」
「今日の晩ご飯なに?」
「明日の朝ごはんはハンバーグでお願い!」
「明日もいるけ、これ(サッカー練習着)洗ってー」
「赤ペンがねぇ!消しゴムがねぇ!ノリがいる!」
「今度の日曜試合じゃけ、弁当いりまーす」

たまに

「肩たたいてあげるからさー、ラーメン作って♪」
「肩もみしてあげるから、フラペチーノ作ってな」

一応give&takeだったりもするけど。

わが家では「自立させること」が子育ての最終目標。それももう数年のことかなと思っています。
自立した息子たちと接するのもきっと楽しいだろうな、と少しワクワクもしています。

でもどれだけ大きくなっても、いくつになっても子どもであること、母親であることに変わりはありません。

それは、母や祖母を見ていても感じること。

私にとって母はいつまでも母ですし、母にとっても祖母はいつまでも母。
(甘えてるわけではないんだけどね)

息子たちにもそう思ってもらえるよう、手を離すべきところは離し、手をかけないといけない部分ではしっかり手をかけてあげよう(悔いが残らず子離れするために。笑)。で、どうせならキレイな方がいいだろうから、がんばって「綺麗ママ」目指さなきゃなーと、バームクーヘン食べながらつらつらと考えてました。

いやー、やっぱ、おいし!!

スポンサーリンク
綺麗ママ大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. >最近では母親というより家政婦では!?
    笑っちゃいました。

    • モンブラン より:

      うちまるさん
      こんにちは^^

      食事・食事・洗濯・掃除・また食事・・・
      それも半端じゃない量・・・ワハハ!!