酸化+糖化で老化の危険が高まる!?2大肌サビを防ぐエイジングケアクリーム

お肌の老化に関係してる「酸化と糖化」
この2つがそろうと、肌老化の危険度が急激に上がります。

ビタミンのチカラで、2つの肌サビを防いでくれるエイジングケアクリーム『ドクターケイ ケイカクテルVプレミアムクリーム』のご紹介です。

ドクターケイは、ビタミンを高濃度に配合することにこだわり、心地よい高感度なテクスチャーを実現した高機能なスキンケアシリーズ。

高機能・高濃度・高感度」でエイジングケアに取り組みます。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

お肌の酸化と糖化について

酸化すると老ける。
それは何となく知っていましたが、もう1つ重要なのが「糖化」です。

お肌の酸化
酸化とは、活性酸素により引き起こされるお肌の老化現象のこと。
活性酸素は呼吸やストレス、喫煙、紫外線などで発生します。

また外的な要因で増えるだけでなく、体内の活性酸素分解酵素が年齢とともに減少するため、だんだんと活性酸素が分解できず増えていきます。

活性酸素が増えるとお肌の酸化が進み、その結果としてたるみ・シミ・しわ・バリア機能や保湿機能の低下・肌荒れ・乾燥などが起こります。

お肌の糖化
糖化とはたんぱく質と糖が結びつく現象のこと。

年齢とともに糖の代謝が減少し、代謝しきれなかった糖が活性酸素と結合して酸化。
この酸化した糖がたんぱく質と結合するのですが、困ったことに結合したものの働きを抑えてしまいます。

酵素と結合すると酵素が働かなくなりますし、肌の組織(コラーゲン、エラスチン等)と結合すると、ハリの低下・たるみ・黄ぐすみ・ごわつき・しわ・乾燥・シミという症状が現れます。

さらに糖化したタンパク質はどんどん蓄積されていくのも困った点。一度できてしまうと、消えません。

お肌を老化から防ぐには、酸化だけでなく糖化からも守ることが重要なんですね。

カクテルビタミンで糖化を防ぐ

ビタミン入りのスキンケア「ドクターケイ」
クレンジングや洗顔石けん、化粧下地に続き、今回はエイジングケアクリームを使ってみました。

ドクターケイのスキンケアシリーズは、どれもお肌の酸化と糖化を抑えるカクテルビタミンが配合されていますが、このクリームにはこの製品だけのために特別に処方されたカクテルビタミンプレミアムが入っているのが特徴

しっとりとしたうるおいを与えながら、なめらかでハリ、透明感にみちた、輝くような素肌へと導くクリームです。

ケイカクテルVプレミアムクリームに配合されているのはドクターケイだけのカクテルビタミンプレミアム。
9種のビタミン(油溶性ビタミンC、ビタミンC誘導体、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンA、ビタミンP、ビタミンE)を絶妙なバランスで処方。さまざまなエイジング現象に働きかけ、肌サビをブロックします。

さらに西洋オオバコ種子エキス、オゾン化イネカルス培養エキス、アーチチョーク葉エキスなどの植物成分でお肌をやさしく整えます。

【全成分】

水、BG、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、ビスグリセリルアスコルビン酸、シクロペンタシロキサン、セテアリルアルコール、(C14-22)アルコール、スクワラン、カプロオイルテトラペプチド-3、パルミトイルトリペプチド-8、クチナシ成長点細胞培養物、オゾン化イネカルス培養エキス、スイゼンジノリ多糖体、グリシルヒザインフラタ根エキス、カンゾウ根エキス、アルガニアスピノサ核油、ソウパルメット果実エキス、 ゴマ種子エキス、パルミチン酸レチノール、チアミンHCl、リボフラビン、ピリドキシンHCl、シアノコバラミン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、トコフェロール、酢酸トコフェロール、グルコシルヘスペリジン、ユビキノン、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、カラスムギ穀粒エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、イザヨイバラエキス、セージ葉エキス、オウゴン根エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、アーチチョーク葉エキス、カニナバラ果実エキス、ビルベリー葉エキス、グリチルレチン酸ステアリル、マカデミア種子油、コーン油、ノバラ油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、ローズマリー油、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ジメチコン、バチルアルコール、セテアリルグルコシド、アルキル(C12-20)グルコシド、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-45、キトサン、アルギン酸Na、ヒアルロン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、ヒドロキシエチルセルロース、PVP、キサンタンガム、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、デキストラン、シリカ、クエン酸、ペンテト酸5Na、ピロ亜硫酸Na、ペンチレングリコール、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

ケイカクテルVプレミムクリームの使い方

洗顔後、化粧水や美容液でお肌を整えた後に使いましょう。

使用目安量はパール大1粒分です。
スパチュラがついているので、ひとすくいくらいかな。

まずとてもいい香りがします。
天然オイルの香りだそうで、私にはラベンダーが強いように感じました。

お店のアロマコーナーに行くと漂ってくるような、リラックス感のある香りです。

柔らかめのテクスチャーだけど、こっくりした感触。

スルスルと勝手に伸びていくようなクリームもありますが、これはじんわりとのばしていく感じですね。

こっくりしているけど、のばしてしまえばサラッとした肌触りになりました。

べたつかないけど潤う感じがいいなと思います。

気になる部分には重ねづけ。
夜しっかり塗りこんで寝ると、翌朝はふわふわのお肌になっていますよ。

おまけのサンプル(クレンジングとオイル)
オイルをブースターとして使うと、さらにしっとり効果が高まります。

乾燥の季節にはうれしい裏技ですね。

紫外線を防いでいでも、起こってしまうお肌の糖化。

もともとイエローベースの私は、糖化によって黄ぐすみなんてしてしまうと、ホントもうえらいことになってしまいます。

酸化も防ぎつつ、糖化も防止!

お肌の酸化だけでなく、糖化も気になる方におすすめです。

詳しくはこちら毛穴ケア化粧品のパイオニア!【ドクターケイ】スキンケアシリーズ

スポンサーリンク
綺麗ママ大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. 肌には自信がありましたが流石に
    年齢を経ると・・・
    補いたいですね。