30代からはじめるエイジングケアサプリ【ALA配合PRISTY(プリスティ)】

30代からのおすすめサプリ。
エイジングケアで有名なコエンザイムQ10やポリフェノールに続く『第3のエイジングケア』として注目されている成分ALA配合のサプリメント『PRISTY(プリスティ)』のご紹介です。

30歳を過ぎると、なかなか疲れが取れない。
お肌の調子もいまいちだし、カラダも心もハリがない。

それはALAが減っているせいかもしれません。

プリスティはALAを贅沢に配合し、根本からキレイを目指す女性のためのサプリメントです。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

ALA(アラ)とは?

ALAはもともと体内にあるアミノ酸の一種で、体内のエネルギー生産に関与する成分。
万能成分として健康面でも美容面でも注目されていて、私たちの生活に欠かすことのできない成分です。

いつまでも若々しく元気でいるためには、ALAの量をキープすることが理想と言われていますが、年齢とともにALAの量はどんどん減っていきます。

体内の生産量のピークはなんと17歳。
17歳から生産量は減少し続けるんだそうで。

17歳がピーク??

もうとっくの昔にピークは過ぎてたってわけですね・・・

でも大丈夫!
ALAは外から補えます。

プリスティでALAを補おう

『PRISTY(プリスティ)』は、ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)を配合し、自らキレイを生み出せるカラダづくりをサポートすることを目的としたエイジングケアサプリメント。

どんどん減っていくALAをしっかり補ってくれますよ。

【プリスティ 全成分】

デキストリン、アミノ酸粉末(5-アミノレブリン酸リン酸塩含有)/結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、クエン酸第一鉄ナトリウム、微粒二酸化ケイ素、セラック、カルナウバロウ

ALAは食品にも入っているので、食べ物からも補うことができます。
ですが、必要量を摂ろうと思うと、ほうれん草なら12kg、赤ワインなら1リットル摂らなくちゃいけません。

毎日のことなので、ちょっと現実的ではありませんね。

困ったときは上手にサプリメントの力を借りましょう。

ALAのうれしい効果

ALAがぎゅっと詰まったプリスティ。

1日の目安量は3粒です。
たった3粒で、ほうれん草12㎏分のALAを補えるのはうれしいですね。

小さめ。つるんとした錠剤で、特にニオイもないためすんなり飲むことができました。

飲む時間に決まりはないようですが、お肌や体の修復タイムに合わせて、夜に飲んでいます

飲みはじめて変わったことは、まず体が元気になりました。

平日は朝練のため、早起き。
週末も部活があるので早起き。

珍しく夜におでかけ(夜遊びだ。ワーイ)もしたのですが、朝すっきりと起きれました。

ウコンもプラセンタも飲んでないのに、すっきりすっきり。

ここのところ平日も週末も何かと忙しかったのですが、元気に過ごせているのはALAの量が増えてきたのかなと感じています。
プリスティのおかげですね。

「産後の不調が続いている」
「子育てがしんどい」
「更年期が辛い」
「年齢とともに元気がなくなってきた」

いくつになってもキレイで若々しくいたい方、年齢を感じさせずにイキイキとした毎日を過ごしたい美意識の高い女性におすすめです。

詳しくはこちら
●【ALA(アラ)配合】PRISTY-プリスティ-をチェック!●

健康コーポレーションファンサイト参加中

スポンサーリンク
綺麗ママ大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. 今日は1月最後の日曜日。
    早いものです。