1杯1.7円!【ドクター・水素水】手作り水素水で老化防止

美容&健康にいいとされる水素水。
パウチなどの水素水も売っていますが、自宅で簡単に水素水が作れるという優れもの!

水道水が水素水になっちゃう『ドクター・水素水』のご紹介です。

ドクター水素水
ドクター・水素水

自宅で作れるので、手軽にいつでも新鮮な水素水を取り入れられます。

スポンサーリンク
綺麗ママ大

水素水のはたらき

水素水とは水素分子を多く含んだ水のこと。
この水素分子が体内の活性酸素と結びつきます。

活性酸素は呼吸やストレス、飲酒、喫煙、激しいスポーツ、紫外線、加齢などによって発生するもの。

酸化作用が強く、老化や万病の元になるといわれています。

この活性酸素と反応して、無害な水に変えてしまうのが水素の働き。
(活性酸素+水素⇒水ってことね)

また水素水は還元水とも言われ、酸化によって傷ついた細胞の修復も助けてくれます。

ドクター・水素水とは?

そもそも、普通のミネラルウォーターや水道水には水素が含まれていません。

また水素は分子がすごく小さく、空気中に逃げ出しやすくなっています。

そのため、効率よく体内に取り入れるには、常に水素が作られている状態で、水素水を飲むことが理想的です。

ドクター・水素水はおうちで手軽に水素水を作ることのできるもの。

水素に加えて、21種類の必須ミネラルを一緒に摂ることができるんですよ。

このミネラルTスティックが水素発生装置!笑

ドクター水素水のスティック

これをぽん!とお水に入れるだけで、どんどん水素が発生する優れものです。

水素水の作り方

作り方はとっても簡単。

スティックを取り出し、さっと洗います。

ペットボトルに水を入れスティックを入れたら完了。
(500mlに1本、1~2Lには3本が目安)

ペットボトルに入れたドクター水素水

2時間経てば、水素水のできあがり。

ドクター水素水から出ている水素

泡が見えますか?
きっとコレが水素ですね。ウフフ

飲んでみました

2時間でできあがりますが、1晩ほど置いたほうがより濃い水素水ができるとのこと。

なので寝る前に作っておくと、朝には水素満タンの水素水が完成しています。

手作りの水素水のできあがり

朝イチのお水って体にいいですよね。

それが水素水ならさらにいいこと間違いなし!!

お味は普通のお水ですが・・・笑

ドクター水素水で作った手作り水素水

お出かけにもスティックを入れたペットボトルを持ち歩き、水素水を飲むことができますよ。

水素水を飲むと感じるのがカラダの軽さ。

1日動いて疲れても、翌朝にはすっきりしています。

経済的な水素水ならこれ!

ドクター水素水はスティック1本で1日2リットルの水素水を作った場合、なんと約6ヶ月間も使用できます。

この場合の1日わずか25円!

ドクター水素水3本パック

最近体の調子が悪いとお悩みの方、体のサビを落したい方、アンチエイジングに興味のある方はぜひ1度水素水を取り入れてみてくださいね。

私が試した時よりリニューアルしてバージョンアップしています。

1ヶ月用・3ヶ月用があり、水素濃度がアップしたものや、1ヶ月ごとにお酢でメンテナンスが必要なタイプもあります。

1日あたりのお値段が一番お得なのは「ワンマンス・ワンコイン 6か月間水素発生タイプ + 6か月分洗浄用クエン酸付」

1ヵ月ごとのメンテナンスは必要ですが、1日あたりのお値段は17円(2リットル分)。
つまりコップ1杯あたり1.7円!!激安水素水!笑

前回のがなくなってしまったので、今度はこちらを購入しようと思っています。

フレンディア ドクター・水素水 NEU PREMIUM
by カエレバ

*購入しました!

1ヶ月500円でたっぷり飲める!『ドクター・水素水』で手作り水素水
アンチエイジング・美容・健康にいい水素水を、自宅で簡単に作れる『ドクター・水素水』が届きました。 ワンマンスワンコインの水素水スティック。 1ヶ月ワンコイン。つまり500円。 ...
スポンサーリンク
綺麗ママ大

コメント

  1. Mck@au より:

    こんにちは^^

    このスティックタイプの水素水気になってるわぁ~。
    なんだかんだ言って経済的よね^^v
    ちょっとチェックしてみます♪

    良い週末をお過ごしくださーい^^

    • モンブラン より:

      Mck@auさん
      こんにちは^^

      初期費用はかかりますが、3本入りで1年半もつって考えると・・・
      1杯あたりで考えるとかなり経済的ですよね。
      また買おうかなと思っています。

      またまた週末!笑
      素敵な週末にしてくださいねー☆

  2. 初めて見たのが15年前のテレビショッピング。
    最初はまやかしと思っていたら、いまやブームに・・・