手間なし簡単!【卵無しフライ衣でサクサクチキンカツ】レシピ

とんかつやチキンカツ、またフライなどの衣。
普通なら粉→卵→パン粉ですよね。

でもわが家のフライ衣は卵を使いません

手間も少なく、材料も少なくて済む楽ちんなフライ衣(今回はチキンカツ)のご紹介です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見た目もお味も普通のカツ。
言われなければ・・・いや、言われても卵無しとは全く分かりません。笑

スポンサーリンク
レグレンタル大

卵無しカツのレシピ

【作り方】
1.お肉(今回は鶏むね肉ですが、とんかつ用豚肉でも魚でもなんでもいいですよ)は食べやすい大きさに切り、塩コショウをまぶしておきます。
2.ボウルに小麦粉を入れ、泡だて器で混ぜながらお酒を加えて混ぜていきます。天ぷら衣くらいにドロッとした感じになればOK。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3.肉をくぐらせ、パン粉をまぶしつけます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4.熱した揚げ油で、かりっと揚げればできあがり。

はい。普通のカツ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

衣が剥がれたりすることもなく、サックサクの仕上がりです。

卵無しフライ衣のポイント

サクサクの仕上がり

天ぷら衣にお酒を入れるとカラッと揚がると聞いたことがあります。

臭みを消す作用や、揚げ物をカラッと仕上げる効果もある日本酒。
フライ衣に日本酒を使うことで、卵を付けたときよりもさっくりと揚がるんですよ。

さらにお酒はお肉を柔らかくしてくれますので、ジューシーな仕上がりにもなります。

外側サクッ!中身はジューシー!!

しっかり衣がつく

また、普通のフライで卵をまんべんなくお肉に付けるって、結構難しかったりしませんか?
きちんと卵液を溶いておかないと、白身だけどろーんとついて、ずるっと落ちちゃったりとかね。

でもお酒でといた小麦粉の衣なら簡単にしっかりとお肉にからみついてくれます
薄い天ぷら衣みたいな感じかな。

おかげでパン粉もしっかりつき、べろん!と衣がはがれてしまうこともなくきれいに出来上がるというわけです。

量の調節が簡単
フライを作っていて・・・

「ああー、あとちょっとなのに卵が足りない」
「すごく余っちゃった・・・もったいない」

フライ衣あるある。

卵って1こ、2こ単位で使うので、量の調節が難しかったりするんですよね。

でもこの卵無しフライ衣なら、そんなこともなし!

お肉に合った量だけ小麦粉をお酒で溶けばいいですし、足りなければちょちょっと粉とお酒を足せばOK
もし余ってしまっても、卵ほどの罪悪感はありません。笑

お弁当用にちょっとだけフライが作りたい、というときも、必要なだけ衣が作れるのでとっても便利です

手間なし
普通は3工程あるフライ衣。
ですが、卵がないと2工程で終了です。

1つ手間が省けるだけで、とっても楽ちん!

大量に作るときは、粉とお酒を溶いたものに塩コショウも入れ、お肉をドサッ!といれてマゼマゼすることもあり。。。
これまた簡単です。笑

このあとパン粉ね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食べ盛りの中高生男子。
簡単でおいしくできて、ボリューム満点のとんかつやチキンカツは出番も多し。
(わたしはコロッケも卵無しで作っています)

ちょっとでも簡単に作れると助かります。

スポンサーリンク
レグレンタル大

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

おすすめトピック



スポンサーリンク
レグレンタル大

コメント

  1. Mck@au より:

    こんにちは^^

    なるほど~
    小麦粉をドロッとさせるのね!
    いつも卵が微妙に残ってもったいないと思ってたの。
    これからは私も卵なしでやってみる~~^^v

    • モンブラン より:

      Mck@auさん
      こんにちは^^

      卵って残ったり足りなかったりと、
      いつも微妙な感じなんですよね^^;

      これなら必要な量だけ作れるし、
      工程が1つ少なくて済むので楽ちんなんです♪ウフフ

  2. お酒!!!
    確かにすき焼きなどには欠かせないお酒。
    こんなところでも役に立つとは。

    このレシピは保存版ですね。